上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、こたのはとこたちがはるばる山形からやってきました。
「どっかおもしいとこさつえてってけえの
(どこか面白いところに連れて行って頂戴)」
と、標準語とネイティブ庄内弁、自由自在の
おばあちゃんに頼まれ
近所の よみよみらんど(こた風)に行きました。

メンバー構成。
ゆうちゃん(6歳)
ごうくん(4歳)
こた(3歳)
おーちけ(1歳)

そしてゆうちゃんごうくんの両親&祖父母
こた父・こた母

大所帯ですな。


こどもたちはキッズライドパスを買ってもらってご機嫌。
さっそく「わんわんじぇすとこーすたー(こた風)」へ。
こども用のこのジェットコースター、
ほどよいスピードとスリルが楽しめ
しかも坂を上るとき、横からシャボン玉が出てきたり
コースを2周してくれたり。
3歳でも乗れちゃうのでこたはだーい好きです。


おーちけはさすがに無理なので
柵の外から「ばっばい!ばっばい!ばっばい!」と
そりゃあもう必死に手を振ってました。



メリーゴーランド・クラシックカー・アシカショー・
ちびっこ機関車・観覧車・・・何にのっても
「おおおーーい!!」とにっこにこで手を振る子どもたち。
DVC00035.jpg




がらがらの園内(春休みも終わった平日だったので)で
「ドラゴンコースター」なんて
私たちのためだけに動かしてくれたようなもんでした。
しかも5回も。



このコースターはなんと4週もするんですが
一周ごとに律儀にみんな手を振ります。
見てるほうが手を振るのを忘れるわ。


で、こたはここの遊園地に、
ものすっごく怖いとこがあります。
それはこちら。
じゃじゃん。





DVC00030.jpg


そばを通ると世にも恐ろしい声で

「いらっしゃませ~」

と言うんです。
それがもう怖くて怖くて。


先月、父ちゃんの元職場のキャンプリーダーたちと行ったとき
こたがここを怖がってるのを知ってて
みんなでいたずらしました。


うまいこといってこたを肩車し
すーっと「恐怖の館」の方へ。




う、




うぎゃああああああ!!!!

20070411232805.jpg







見よ!

この泣き叫ぶ3歳児と

悪魔のような表情の男を!

20070411233337.jpg

※父ちゃんではありません。
よいこの味方(の、はず)キャンプリーダーのオニイチャンです。



みんなで大爆笑で見ていたので
「母ちゃんも共犯だ」と父ちゃんに言われました。




その夜、こたを寝かしつけている時言われました。

「かあちゃんもさ、今日みたいなこと、もうやめてねっ。
こた、おばけやしきこわいっていわなかった?」



ええ、思いっきり真顔で。



説教されました。
ごめんなさいってあやまったさ。
あやまるしかないじゃないか!




そんな出来事がフラッシュバック。



今回はなんと「恐怖の館」が
怖くて見られない。
腕で顔を隠しながら
できる範囲めいいっぱい「恐怖の館」から離れて歩きます




父ちゃんが「手をつなごう」と言ったら
「やだーっっっ!」

この人と手をつないだらずるずる連れていかれる!
と本能が叫んでいたのでしょう。
父、全く信用されていません。

手を後ろに隠して固い意志の表れ。

母ちゃんともつないでくれませんでした。
私たち、まったく信用がない親です。



完全にトラウマこぞうです。

ああ、でもいっぺん入れてみたい。
むくむくとわきあがる母ちゃんの好奇心。
ほんとにやったら鬼親なのでやりませんけど。
(父ちゃんはやりかねないので要注意)


こたがおばけやしきを克服できるその日まで
温かく見守ってやってください。







一押しでぐぐっとランクがあがるんですー。
応援ワンクリックおねがいしまーす。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/79-43660e06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。