上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.09 春ですね
出会いと別れの春です。

こたにも別れが訪れました。


大好きな大好きなA先生。


「来年はこたかおーちけ、どっちかA先生のクラスだといいねえ」
なんてのんきに語り合っていた父と母でしたが
この3月で退職なさることになりました。

ショック・・・・。
初めて知った時は頭をがーんと打たれたような衝撃でした。
そんなー(涙)
卒園するまでずっとずっと
見てもらえると思ってたのに。



べったり甘えたい1歳クラスの時期を
本当に愛情たっぷりに見ていただいて
こたは先生が大大大好きでした。
子どもたちと接する時、
先生が一番楽しそうで(失礼)
そんな笑顔で子どもたちを見られちゃあ
こっちまで嬉しくなっちゃうなあと思いながら
園にこたを置いてきたものでした。


2歳児クラスになって担任ではなくなったけど
いつもいつも気にかけてくださって
朝、玄関で泣くこたを受け止めてもらったことも。
A先生は親子ともども心の支えでした。




こたはA先生に会えなくなる、ということが
あまりわかっていないのか
「どうしてもう会えないの?
ほいくえんにいけばいるんだよー」

と言っています。
同級生のしおしおは
A先生に会えなくなるのが淋しくてシクシク泣いたとか。
うんうん、わかるよしおしお~(T_T)


お別れと知って、A先生に何か感謝の気持ちを表したいのだけど
だれか一緒にどうですかー、と呼びかけたところ
「うちも」「私も」「一緒に入れて」と、ほぼクラス全員からお返事が。
先生の人徳ですね。
子どもたちに「A先生の似顔絵」を書いてもらい
色紙に貼ってプレゼントしました。

20070409124957.jpg




中身はこんな感じ。(まだ全員分貼れてないとき)
DVC00052.jpg




後日、園に訪れた先生から
なんと送った全員に心のこもったお手紙が。
こたには
「全身いっぱいで気持ちを表現し、
素直であまえんぼで先生の思う『子どもそのもの』」

という、親には涙が出るくらい嬉しい言葉をもらいました。
うちはこんな風に子育てしたい、と思っていたのを
先生はちゃんとわかってくれてたんだなあ・・・と
父ちゃんと感激しました。



先週は体調を崩して1日しか登園してないこた。
今日久しぶりに行ったら、なかなかみんなの遊びに
入っていけませんでした。
「かあちゃん・・・だっこぉ・・・」
と、母からぐじゅぐじゅ離れられず。



近くでそれを見ていた新人の先生は
なかなか声をかけてくれず(かけて欲しかったなあ)
園庭の端から、様子を見ていた他のクラスのM先生が
これまたぐずって大泣きの子を小脇にかかえ
来てくれました。
こたの様子を伝えると
さっと状況を読んでくれて、
「みーちゃん、こたも仲間に入れて?」
こたの愛しのみーちゃんのもとに。
おかげでやっとにっこりバイバイができたのでした。

M先生のおかげでなんとか遊べたこたでしたが
こたが離れられないとき
「ああ。こんなときA先生がいたらなあ」
ついつい思ってしまう未練がましい母なのでした。
きっとこたも同じでしょうな。




元気で楽しませ上手で、ちょっとおっちょこちょいで
(仲良しのT先生(男性保育士)には「ド天然」と言われてた)
聞き上手で涙もろくて、情に厚いA先生。


直接会える機会は少なくなってしまったけど
こたや元ぺんぎん組のみんなが大きくなるまで
遠い空の下、見守っていてくださいね。







くわえて淋しいことに、
「ド天然」発言のT先生も
この3月で退職なのです・・・。

T先生は父ちゃんと同類のプロレス狂で(失礼)
こたとの朝の挨拶は「こたラリアット」「Tラリアット」でした。



こたが後ろを見せるとすかさず技をかける先生。
T先生が向こうを向いていると嬉々として向かっていくこた。


この二人の愛情表現は
凡人にはわからない世界です。
(父ちゃんにはわかるらしい)

T先生は

「お母さん、こたが中学卒業したら
ボクとお父さんで
こたを立派なプロレスラーにしますから!」


といつも言っていました。




そんなT先生とのお別れ。
二人のお別れはやっぱりこれです。





腕ひしぎ十字固め。

DVC00042.jpg


きみたちも好きだねえ・・・。







A先生、T先生、
たくさんの愛情をありがとうございました!











一押しでぐぐっとランクがあがるんですー。
応援ワンクリックおねがいしまーす。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/78-f022b908
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。