上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて。
いよいよケンタんちの田舎駅に到着!
もうめんどくさいので修正もしない。



こたはそりゃあもうはしゃいではしゃいではしゃぎまくり。

そしてはしゃぎすぎた挙句、
つるっと滑ってすっ転び、
点字ブロックにおしりを強打!

どこまで漫画のような人なんでしょうか。



おーちけをおんぶしたまま
ぐじゃぐじゃに泣いているこたを抱っこし、
ちょこっと買い物に行ったケンタ母のかわりに
ケンタ・イクを見ていた母。

計4人連れてるわけです。


すると目の前を通りかかったおばちゃまが
まじまじと我々を見るわけですよ。



そして

「・・・・・た・大変ねえ・・・いち、にい・・・四人・・・」
とつぶやく。



「い・いえっ違うんですっ。
これとこれは甥っ子でっ。
あのっそのお母さんはっ、えっとっ」


「いやあ・・・大変だわあ・・・」


「いや、あのその」


と慌てているうちに
おばちゃんは行ってしまいました。
こた母、子ども4人疑惑を残したまま。
そもそもおばちゃん、話聞いてる?




そんなこんなで
やっとケンタ家に到着。

ほっとする間もなく遊び倒す子どもたち・・・。
ケンカしたり、仲直りしたり、忙しいです。





翌日は隣村のとてもステキな福祉センターへ。
児童館なのですが、ひっじょーにいろいろ充実してまして。
母は感激しました。

なかでも面白かったのはこちら!




じゃがじゃん。

DVC00020.jpg





横の滑り台のようなところに上から積み木を流すと
いろんなコースになっていてカタカタカタと落ちていくおもちゃ。

20070303010403.jpg


こんな具合です。
もう二人ともハマりまくり。
おーちけはこの箱の中からしばらく出てきませんでした。




そして連日、家でもこんなありさま。


20070303011241.jpg





後ろにふとんがぐっちゃんぐっちゃんになってるのは
「押入れの右から入り左から飛び降りる遊び」
をやっているから。







・・・ええ。片付けても無駄です。




みんなおかしな格好なのは
なんとかレンジャーになりきっているせいですから
気にしないでください。






最終日、ケンタ・こた・イク・おーちけと母でお風呂に入りました。
っていうか、収容人数オーバーです。


普通のバスタブに5人てありえないです。
いくら小さいと言えど、ありえないです。



一人ずつ順番に洗って、最後はケンタ。
ケンタちゃんはもお4歳ですからお口が達者なのです。



「目にあわが入っちゃった!」
「頭にお湯かけるときは『いくよー』って言ってよう!」
「顔を洗うときはタオルでふかなきゃー!」
「いっぱいお湯かけないでよう!」
「いつもはこんなことしないのにー!」




そして最後は

「もお!

のんちゃん(こた母)とおふろ入るのやだー!

かあちゃんとはいればよかったー!」(泣)




なぬー!このちびっ。
そういうことは一人でお風呂に入れるようになってから言えっ。


でも母はオトナなのでケンカせずにあがりました。
(当たり前です)




特に大イベント!って感じで出掛けたわけでも無く
ケンタ家の日常にひょっこりおじゃました感じの3泊4日でしたが
いやあ、楽しかった!
子ども同士がとっても楽しそうで
見ているこちらも楽しかった、というわけ。




帰りは駅まで送ってもらい、またひたちへ。
今度は激混みで、通路まで人がいっぱい!



デッキも満員なのでとにかく奥へ、とすすむと
目の前のおじさんが「僕、次の駅で降りますのでどうぞ」と
席を譲ってくださいました。
しかも、「次の駅」で降りたのは見渡す限り
そのおじさんだけ!
おじさんの優しさと自分の運のよさに感謝しつつ
上野に向かったのでした。


・・・でもおーちけが騒いで、また生きた心地のしなかった母なのでした。



以上!母子3人珍道中でしたっ。







ランキング下降気味・・・。
よろしくおねがいします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/68-9ae7b70f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。