上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.04 おにはそと
保育園で豆まきがありました。
こたは何日か前から「オニ」という言葉に非常に敏感で。

言うことを聞かないとき
「あれ?あそこにいるのって・・・・オニさん?」
とつぶやこうものなら、さっと表情が変わって
いきなりおりこうさん。
(そう、ホントのオニは母)


園ではまずお兄ちゃん・お姉ちゃんたちがオニのかっこうで来て
こたのクラスの子達が「おにはーそと!」とやります。
次はこたたちがオニの役。

それが終わると本物のオニ(!)がお部屋に!

・・・・そりゃあもう、修羅場だったそうです。
ピアノの下に隠れる子、テーブルの下に隠れる子、
壁にぺったりくっついてる子、友達にしがみついてる子。
そしてみんな大泣き。

こたはと言うと、
壁にぺったりくっついてる子をはがしてその後ろに
必死でもぐりこもうとしていたそうで。

担任のS先生いわく
「いつもは友達を押しのけて前に出て
『やりたーい!』っていってるのに
今日は友達を押しのけて
すんごい必死に後ろに行ってたよ


ぎゃーぎゃー泣いている子どもたちに
更に追い討ちをかけるように

なんと!S先生がオニに捕まってしまったそうです。
んもう、先生たちも好きねえ。

さあどうする!?
誰か助けて!ああ連れてかれちゃうっ!!

そのとき!泣き叫ぶ19人中、
たった一人だけ先生を助けに行った子が!!


クラスの一日の様子がかいてあるボードに
「さあ誰だったでしょう?」と書いてありました。
誰だろう?
母は月齢も高く、心優しく
いつも平常心のりょうちゃんかと思ったのですが。

帰りに玄関で園長先生とS先生に会い、
その話になりました。

園長先生、
「あれ読んで、きっと他のお母さんたちは
助けに行ったの、こたか、まーだと思ってるだろうね。
でもさ、親はすぐわかるよねえ!あははははは。」

そーです。さすが園長。おっしゃるとおり。
親はすぐわかりました。


ぜ っ た い こ た じ ゃ な い 。


だって、超びびりっこのこたが
行けるわけない。

おまけに性格そっくりのまーでもないとすぐわかりました。

正解はおっとりしててクラスの中でも弟的存在の
ゆうちゃんでした。
一日中、ゆうちゃん、ヒーローだったそうです。
嬉しかっただろうなあ。

S先生が
「こたね、終わってから私のとこに来て
『せんせいこわかったでしょ?
こた、あしたたすけてあげるからねっ。
こうやってキック!キック!パンチ!って!』
って言ってましたよー。ふふふふ」

明日だとー!?


「でもきっと明日になったらまた、
明日助ける!っていうんでしょうねえ」

ええそう思います、母も。


そしてオニさんの正体だったのはもと担任A先生。
「こた、面白いんですよ。
あとから知らん振りして、
どうしてオニさんやっつけなかったの?って聞いたら
『だってだってこおんなにおおちいんだよっ』
って必死で言ってました」


上着にたくさんふとんを積めてもっこもこにしていき
お面もかぶってたので、誰だかわかんなかったみたいです。




このよわむしめー。




夜、父ちゃんにそのことを話すと

「明日助けるってオマエ・・・典型的なダメ男じゃん・・・」
とがっかりしてました。


家でも豆まきをしたら必死で
「オニさんこない?こない?」
くるぞお、と言いたいのをこらえて
大丈夫大丈夫、と無事豆まきを終えました。

こたもおーちけも、この炒り大豆が大大大好き。
競い合って貪り食ってました。
キミたち、3個と1個じゃないの?
落ちてる豆も拾って食べるおーちけ。
「今年は豆の掃除はいらないな・・・」と
父ちゃんがつぶやいてました。
ああ!トイレのだけでも拾っておかなきゃ!

夕食のときは恵方巻きにもかぶりつき
今年の無事を祈りました。



おまけ

先日、父ちゃんとこたとおーちけで公園に行った時の事。
一人買い物を楽しむ母にこんなメールが来ました。




「これはなんでしょう?」
20070204030536.jpg







正解は・・・









「おろかな子どもでした。」
20070204030634.jpg





そこで一句。

「真冬でも 水遊びかい 我が息子」

ちーん。





ぽちっとよろしく。


↓ もう一件アップしてあります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/60-924a3a97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。