上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、おもしろかった。
生活発表会。

初めて親と離れての舞台でしたからね、
どうなることかと思ったけど
いぬさん、がんばりましたよー。


こたのクラスは早い出番だったので
いったん保育室に集合して、トイレとか済ませて親と別れます。

保育室には、いつもと違う空気を感じて
泣いちゃってる子もいるし、
必要以上にはしゃいじゃってる子もいるし。
女の子たちは、それはそれは可愛らしかったです。
おしゃれなワンピースだったり、かわいいボレロだったり。
こたは割と落ち着いていて、元気にバイバイ!とわかれました。


さーいよいよ出番!

上のクラスの子達は、入場から親たちの間を通っていくんですが
こたのクラスでそんなことをしたら
それはそれはたーいへんなことになっちゃいますからね。

舞台の脇のテラス状のところから
わちゃわちゃ子どもが舞台に入っていく音が。

もうねえ、
見てらんないです、
どきどきしちゃって。


しおしおのお母さんと、あずのお母さんと隣に座ったんですが
3人で何度も、

「あーもうだめ。泣いてしまう」

「あーあたしも。どうしよう、もう泣きそう」


始まる前から親たちはこんなんです。

親が知らないところで、
一生懸命練習して(空想)
どきどきしながら当日を迎えて(空想)
いじらしく頑張って演じる(ってほどでもないが、これも空想)

ねえ?きません?
涙腺につーんと。


うちの場合、これは家系でして。
こたのおばあちゃんは学芸会の話するたんびに
「泣けちゃって見てらんないわよ、いじらしくって!!」
と言います。
私は自分の職場の学童クラブの
子どもたちの学芸会でも号泣してしまい
恥ずかしくて子どもに見つからないように
こそこそ帰ったりなんてことも。


そんな母のどきどきも最高潮になり
いよいよ幕が開きました。


舞台には長いす(ベンチみたいなの)が
横長にずらーっと置いてあり
19人のかめ組さんが座ってます。


舞台が開くとみんなにっこにこで
「きゃあああああああ!!!」
と大喜び。
どっちが見られてるんだか、です。
みんな一生懸命手を振ってるし。


こたは、興奮して
「うわああああおおお!」と一人立ち上がってます。
座れっちゅうの(-_-;)


「ここは ここは どうぶつむらのひーろーば!
ここは ここは みんなのひーろーばー!」


と先生のピアノでみんな元気よく唄い出して
もう母はぐじゅぐじゅ。
タオルをもって観覧です。

「ねずみの親子がやってきてー」
と先生が歌うと、
ねずみ役の子達が舞台中央にやってきて
「ちゅーちゅーちゅー!ちゅーちゅーちゅー!」
とぴょんぴょんはねながら言い、
続きをみんなと一緒に
「と鳴きましたー♪
なーきーまーしーたー♪(と、手をきらきら)」
と歌う、という段取り。

かめ組さんの能力を最大限に発揮できる出し物です。
難しすぎず、簡単すぎず。

しっかりにっこりこなす子もいれば
恥ずかしくなっちゃってイスから立てない子も。
うーん、3歳児ってたまらなくかわいい!


こたはいぬさん。
ねずみ・ぶた・かえる・ねこときて
一番最後です。

「いぬーの親子がやってきてー」

と先生が言い終わるか終わらないかのうちに
どんどこ前に出てきて
思いっきり勇み足で

「わんわんわん!わんわんわん!」

同じいぬさん役のゆうちゃんとともくんを
待とうという気はないのかねキミは。

こたがほぼ一人で言っちゃったので
先生がうまーく誘導して
もう一回「わんわんわん!」

はーい、よくできましたー!

んもお、かわいいぞーこた!


そのあと先生のアナウンス


「どうぶつたちは歌を歌うのが
とってもじょうずなので
みんなで歌うことにしました。

・・・・・ピンクの線のところで歌うことにしました」


先生・・・ナイス誘導です。

そしてみんなで「てをたたきましょう」を歌いました。

こたは歌の間奏で「あっかんべー」とかしてるし。
まあ、らしいというかなんと言うか。

しかも曲が終わったら客席に向かって手を振って


「おばあちゃーん!」





そ・う・い・う・と・き・は


「かあちゃーん」でしょーが(ー_ー)!!




そして来ました、「お名前は?」タイム。
「○○です!」「△△△でーす」「・・・・○×でしゅ・・・」

そしてこたの番
「◇◇◇こたです!」

あ~~~~よかったあああああ(T_T)
ちゃーんとフルネームで言えましたわ。
ちゃーんと「こたフォーッ」って言いませんでしたわ。


そして無事終了。
幕が閉じるときも

「おかーさーん!おかあさーんっ!」
「ばーいばーい!」
「あ!ママー!ばいばーい!」

とマイペースなかめ組ちゃんたち。
みんなほんっとーに可愛かったですよ。


子どもたちの出し物だけでなく
先生方の出し物もあるこの保育園。

いろんな楽器を使ってのディズニーメドレーと
迫力満点のタップダンス、
そして
「We will rock you」のようなリズムで
森のくまさんの歌遊びを

見せてくださいました。

チェックのプリーツスカートとネクタイの
衣装も手作りで、とってもステキ。
すごく完成度の高い出し物で、
最高に楽しかったです。
いつ練習してんだろー(@_@)

楽しい思い出いっぱいの生活発表会でした。



帰ってからのこたと父ちゃんとの会話
「ねえこた、なんで「こたフォーッ」って
言わなかったんだよー」



「あのね、
あれは父ちゃんと


あそんでるときにいうんだよ?」


ちーん。
3歳の勝ちー。
がんばれ、32歳!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/53-ea8a3a0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。