上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜササニシキか?

母が絶大な信頼を置いている整体の先生がいるんですが。
おーちけの抱っこのし過ぎで足首を痛め、
本日整体に行って来ました。
そこでおーちけは10㌔だ、と話したら。

「ササニシキだな」


訪問治療もお願いしているので子どもたちとも面識あり。
このお方、止めても止めてもわしわしと
母に登ってくる1歳のこたに、

「カブトムシだな」

と名づけ


新生児で、ぎぃぃぃぃぃぃ~と泣くおーちけに

「セミだな」

と名づけたネーミングの神様。


うちの子たちは何なんでしょう?


さて、そのササニシキくん。

ついにたっちです!

まあ、立つといっても
ホンの3秒ほど手が離せると言った超ビギナーぶり。
おもちゃに夢中になっていて気がついたら立ってて
「うーわあーこわ~い」って感じで
へたへたと座ってしまいます。

初めてこれができたのが9月30日。
ぎりぎり10ヶ月ベイビーでできました。
でもこれって立てたというのかしら?
微妙なところです。

相変わらず芸が上達しません。
バイバイもおつむてんてんもじょうずー(拍手)も。
こちらが要求するとまずしない(T_T)

なんでもないときに
突然思い出したように夢中で手を叩いてたりして
ちょっと笑えます。

最近おーちけが好きなのは
「こらっ」と言われること。
父ちゃんに叱られると、満面の笑みで「きゃっはー!」
父ちゃん、マジでむかついています。


この子はあんまり物を口に入れない子だったの。
とーこーろーが。
「あんまり口に入れないよね」って話を
父ちゃんとし始めたら
「そお?じゃ、そんなら」って感じで
最近、急に口に入れ始めるし(-_-;)
かなり大きい丸い木の積み木もモガモガ言いながら入れたり
こないだは床に落ちてた輪ゴムも!

あーぶーねーだよ。

入れながらこっちを見て、にやーん。

絶 対 確 信 犯 。

かなり油断していた我が家なので
気を引き締めて掃除しないと、です。


最近は本当によくしゃべります。
「あった。あった。あった。あった。あった。あった・・・(エンドレス)」
「はっぶう、はっぶう、はっぶう、はっぶう、はっぶう・・・(エンドレス)」
「ったったったったったったったったったった(エンドレス)」


しかも「はっぶう」は唇を震わせてヨダレを散布してくださるので
おんぶしている母の首筋は、ヨダレもしたたるいい女です。

こんなおーちけですが、
こたの保育園にお迎えに連れて行くと
まわりにわらわらと3歳児が群がってきます。

今日もお迎えに行くと
「あー!おーちけ来たあ!」と群がってくる子どもたち。
あっという間にたくさんの3歳児にもみくちゃにされ、
「だっこしたーい」
「わらわないのー?わらってー」
「おっぱいのみたいってゆってるよお」
「ほっぺかゆいかゆいなのお?」
「ねー!だっこしたーい!」
「わらわないのー?」
「ねー!だっこしたーいー!」


たぶん一生のうちで一番もててるぞ、今。


こたの愛しのみーちゃんと母は

み「なんでおーちけ、ここ(後頭部)かみないの?」
母「頭すりすりーってするから赤ちゃんはここ髪ないんだよ」


この会話を一字一句違わず、
かれこれ2ヶ月続けてます。毎日。

みーちゃんの中ではものすっごい疑問なんでしょう。
まったく納得する様子を見せないのがいいね。
おーちけの後頭部がふっさふさになるまで続くでしょう。

で、こたはというと。
みんなが群がっているとだだだだだだだっとかけてきて

「こたんちのおーちけなんだからだめえ!」あーあーあーもお。
おーちけの頭を大勢の3歳児が取り合ってるぜ。
おんぶしてると下から足をぐーいぐい引っ張ったりするおちびたち。
完全にぬいぐるみと間違えてるな。

これがホントの「もまれて育つ」
おーちけはもちろん泣いてます。

でも、自分より小さい子をいじるのって楽しいんだよねえ。

最近はみんなおーちけに慣れてきたので
「そこは引っ張ると痛いよーって泣いちゃうんだ」
「あんまり近くで大きい声は好きじゃないみたいだよ」
と、おーちけ攻略法を小出しにしていってます。


こないだふと、
「ほらおーちけ、○○にいちゃんと、○○ねえちゃんだよ
とその場にいた子全員の名前で言ったら
みんなの顔がぱああっと輝いて
「○○にいちゃんですよお」
「○○ねえちゃんだよお」

いつもまーくんやあーちゃんが、おーちけおーちけって
かまってるのを羨ましそうに後ろから
そおっと見てるひなちゃんやなっちゃんまで
小さい声で「ひなおねえちゃんだよう」
って言っておーちけにそーっと触ったり。

すーごいかわいいー(T_T)
あの恥ずかしそうな、誇らしげな顔が忘れられません。

おーちけよ。
つらいこともあるだろうが3歳児の健全育成のために
一役買ってくれたまえ。
でも本当にお互いのためにとてもよいと思ってるので
3歳児はいじり方を覚え
0歳児はいじられるのに慣れるのだよ。


またまたこた。
家ではそんなにかまわないくせに
みんなにかまわれるとおーちけを貸すのが惜しくなるのよねえ。
まあ、わからないでもないけど。

なので教えました。
「いい?こた。みんながおーちけのことかまうときに
『だめえ!』って言わないんだよ。
みんな可愛がってくれてるんだから。
そういうときは
『みんなおーちけと遊んでくれてありがとう』って
言うんだよ。
それがアニキのよゆうっていうもんだよ」

「・・・・わかった」


おお!わかったか!素晴らしい。

さっそく翌日。
わらわらと集まっておーちけをいじってるみんなを
どがんどがんと突き飛ばしながら

「おーちけとっ!

あそんでくれてっ!

ありがとおーっ!(怒)」


あーあ。まだ無理でしたか。

でも今日の寝かしつけのときは
「あ!今日は「おーちけとあそんでくれてありがとう」って
いうのわすれちゃったよ。
しっぱいしっぱい!」

てへっ^m^ って感じで言ってるし。

ビミョーなお年頃のこたなのでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/46-bab8ed11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。