上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも父ちゃん担当なので、
母にとっては急なことなんですが
なんとこた、
自転車の補助輪が外れました!

やった!



自分が子どものころは5歳くらいで取れた気がするので
ちょっとびっくり。


じいちゃんのお店の近所の方から
かっこいい子ども用のマウンテンバイクを
お下がりでいただいて以来、自転車は大好きで。
しょっちゅう父ちゃんとサイクリングに行ってたのよねー。


うちの前でちょこちょこ乗ってたら
近所のおじちゃんが「教えてやるから」といって
補助輪をちょっと上にあげてくれたのよ。

「こうやって補助輪がない感覚になれてくんだよ」って。

サドルの後ろにゴルフクラブ(!)を突っ込んで、
持ち手つき自転車みたいにして支えながら
家の周りをぐるぐるまわるこたに
付き合ってくれてました。
おじちゃん、ありがとー!!

補助輪があがった状態に慣れて、
左右のちびタイヤが
ガラガラ言う回数が減ってきたので
とうとう、取ってみたというわけ。


一体どんな練習をしていたのか知らんけど
ある日突然
「かあちゃん!ちょっとみてー!!」
と下から声が。

下りてみると、じゃがじゃん!!!

お!?



なんだか近づいてきますよ。




あれ?






乗れてるじゃないかー!!


のれてる!


でも、ものすごいスピードで来るので
シャッターを押す時には急いでブレーキかけちゃってるの。
ばっちりこげてるんだよー。





とっても得意げ。
よくがんばった!!
やったねー



まあ、とはいっても、まだ乗れるようになったばっかり。
漕ぎ出しは一人ではできません。


「とうちゃん、じてんしゃのろう!」と
元気よく出かけていくわりには
しばらくすると「もうのらない・・・」とくじけてばかりなので
父ちゃんに
「がんばる気持ちがないなら乗らなくていい!」
と言われ、ひっくひっくと泣きながら帰宅・・・
を何回もやってますよ。


二人でとっくん




ま、二人ともあんまり根を詰めずにね~と
のんきに思う母なのでした。



とにもかくにも、おめでとう!こた!

母の知らないところでいろんなことができるようになってきたなあ。
先日の運動会も、ホントに感無量でした。
ま、これは後日ね!


嬉しいこたちゃんのこんなポーズ。

これは?



ゲキレンジャーのバット・リーだよ!と言っています。
なんじゃいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/100-fb64ae53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。