上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.28 ごはんのこと
「コタスケ日記」なのに今日は母の話。

母は今、育児休暇中の時間を使って
料理教室に通っております。
前からずーっと行きたかったんだけど
何しろ時間が無かった。
月に1回だけですがおーちけを一時保育に預けて
いそいそと出掛けていくゼータクな時間です。

先生のお宅のひろーいキッチンでやっている教室で
今月はイタリアン、来月は和食、といったように
バリエーションがあるのが気に入って申し込みました。
夏には沖縄料理もやりましたよ。

基礎コースをすっ飛ばしての一般コースだったので
ちょっとどきどきだったんですが
出汁の取り方ひとつ、裏ごしの仕方ひとつが
先生の手さばきは、すべて勉強になります。

出来上がった料理を囲んでみんなでランチ。
全部で5~6人なので和気藹々であります。
月に一度のお楽しみ。


母はとてもくいしんぼうなので
毎日のご飯であっても、作ることが全然苦じゃないの。

おいしく食べるためには手間ひまを惜しみません。
そのエネルギーを他のことにも使え 
独身時代、家族に何度言われたことか。


今はわりと時間があるので
ご飯をゆっくり作れるのが何より楽しい。

最近特に思っていることは
白いご飯とお味噌汁をおいしく作ろうということ。

うちの炊飯器はそんなに古いやつじゃないのに
これで炊くとなぜか全然おいしくない。
なんでだろう?
糠くさくてぽそぽそしてるんだよなー。

今は毎日お鍋で炊いています。
この方が全然早いし、なにより美味しい!!
水加減さえ気をつければ(テキトーに手で測ってますが)
とても簡単にできます。

おまけについ最近、ずっとずっと探してた
理想のおひつに出会えた!
大きさといい、値段といい、見てくれといい
まーさーに!私が探していたものだー(T_T)

おひつに入れるとご飯が倍美味しい。
木の香りがして、余計な水分が抜けて。


そしてお味噌汁は出汁をいろいろお試し中。
煮干もかつおも昆布もたんまり買って
贅沢に使ってます。
具は安いけど。
やっぱりちゃんととるとおいしいなー。
手抜き味噌汁のころと比べると
こたも父ちゃんも飲みっぷりが違います。

朝はご飯の炊ける匂いと出汁の香りが
家中にぷんぷんしてるのがたまんなくいいです。


結婚祝いにいただいたホームベーカリーもあるので
パンの日もそれはそれはいい匂いに満ち満ちているウチです。
ホームベーカリーは炊飯器と同じ感覚。
材料をぽいぽい入れてスイッチオン。
翌朝には焼けているという、
テクニックがひとっつもいらない優れものです。
しかし、夜中にぐおんぐおん捏ねだすのが難点。



こたは人並みに「唐揚げ」とか「カレーライス」とかも
もちろん大好きですが、
「黒豆の煮たやつ」とか
「味噌汁に入っているくたくたに煮た白菜」とか
「おでんの昆布と大根」とか
「銀ダラの西京焼き」とかも大好き。

はっきり言ってじじいメニューです。

こういう味覚は
どんどん研ぎ澄まされていけばいいのに、と思います。


密かに母が大好きなのは
おもてなし料理を作ること。
来るメンバーや男女比を考えてメニューを決めて
あれこれ作って盛り付けて。
あああああ!なんて楽しいのだっっっ。
もう誰でもウェルカム。 (お金の許す限り)

でもそういう日は、
とても忙しくなるので父ちゃんは気を使い
(ほとんどが父ちゃん関係のお客さんだから)
「なんか買ってきたものとか出前でもいいよ」
と言いますが、とんでもない!

「それは申し訳ないしお金もかかるから」
なんてしおらしいことをいう母ですが
本心は
「貴重なお楽しみを奪うなボケえっっ!!」
といったとこです。

結構よく作るおもてなし料理は

茄子のマリネ
チキンのワイン煮
たこ飯
キャベツとナッツのナンプラーサラダ
白菜と豚バラ重ね蒸し
シフォンケーキ各種
アッフォガード(作るうちに入るのかどうか)



新しいメニューももっと取り入れなきゃな。
みんなー!食べに来てねー(^0_0^)
それからネタ補充のため、
食べに行かせてねー(^0_0^)



スポンサーサイト
ふふふふ。
やっちまいました。
こたもついにバリカン頭です。

前から父ちゃんには
「ぼーずにしようよ。ぼーずがいいって!」
と言われ続けていたんですが
母の勝手な思い込みで
こたはぼーずは似合わないから!
とつっぱねてきました。
それに、小さい頃はよく転んで頭打つから、と
もっともらしい理由をつけて
今日までぼーずから逃れてきました。

で、どういう心境の変化かというと
父ちゃんの一言。
「もう少し大きくなって髪型のこと気にするようになったとき
やだって言われたらもうぼーずはできないんだよ? 」

う。やけに説得力があるじゃあないか。

何しろ期間限定、個数限定に弱い母ちゃん。
(関係ない?)

さっそく保育園の友達、ハルくんのおうちから
バリカンを借りることにしました。

おーちけを寝かしてから
こたを
「今日は床屋さんやろうか!かあちゃんかっこよくしてあげるよ~」
と言葉巧みに誘います。
だって一度やだって言うとかなりめんどくさい3歳児。

なんせ初バリカンなので、びびりのこたのために予備知識。
「今日はブーっていうマシンで切るからね」

マシン・・・こたはこの一言にぐっと来た様子。

「マシンってまじれんじゃもつかうやつっ?」
「そーそーそーそー!」
「まじれんじゃみたいになる?」
「なるなるなるなる!」

あながち嘘じゃないな。
形的にはおなじだし。

ビニール袋で床屋さんマントを作ろうかなあと思ったのですが
めんどくさいので
すっぱだかで座らせて散髪開始!

始めようとすると
「あれ?あめちゃんわすれてない?」

そうでした・・・。
散髪嫌いのこたをなだめすかすために
あめをなめさせながら切るんだったよ、いつも。
こーゆーことはちゃんと覚えてるんだよな(-_-;)
あめなんてめっっっっったに食べさせないから
食べさせると言うこと聞くわ聞くわ。

戸棚に取りに行くと
どだだだだだだっとかけてくるすっぱだかくん。

「それそれそれ!そのぼーつちキャンディがいいの!」
なんで知ってるの~(゜o゜)
いざというときのために隠しておいたペコちゃんポップキャンディ。

しかたねえ。キミの好きなぼーつちキャンディにしてあげるよ・・・。

いざ始めてみると、あれ?意外と難しい・・・。
が、コツをつかむとぱっさりぱっさりよく切れる!
おもしろい~!

あれよあれよというまにだいぶ短く。
途中で前から見てみて、母思わず ぶーっ(@_@)

何かに似てる・・・なんだなんだ。
あーあれ!


ゴリの落ち武者!んナイスですっ。


笑いをこらえつつ、横もちゃんと切って落ち武者回避。



そして・・・・

ついに完成!

シャワーで髪の毛流して
鏡を見せると
「うわーっ!まーるいあたまだーっ!
じいちゃんみたーい!」


と、なんと大喜びではありませんか。

パジャマに着替えさせようとする合間にも
何回も鏡を見に行き
自分を見てうひゃうひゃうひゃと大笑い。

「とうっ!まじれんじゃっ!えいやっ!」
ちょっとかっこいい顔を作っちゃったりして
ぼーず頭の自分にうっとりだよ3歳。

お気に入りまくりであります。大成功だわ。

せっかくですので写メでじいちゃんとケンタ母にお披露目。

ぴろりろりーん。返信。
「似合う。似合いすぎる。二十歳までそれでいけ。ケンタ母」


深夜、帰宅した父ちゃんに
「寝室のこたの頭を見てくるように」と言うと
「ま、まさか・・・!」と寝室へ。

このひどい父ちゃん、しばらく笑いが止まりませんでした。

でも、眠りにつく前に
「こたのまーるいあたま、かっこいい?」
満面の笑みで何度も聞くこた。
「かっこいいよお。すごーくかっこいい」
というとそれはそれは嬉しそうに眠りました。



父ちゃん、明日笑ったら ぶっとばすよ(-_-;)



今日、母、高校時代の友人のK子が
長男ゆーちゃんを連れて遊びに来てくれました。


K子と母は高校生のときバスケ部(通称女バス)で
共に青春時代をすごした仲間なのです。


卒業して何年も(十何年も?)たつのに
女バスはとっても仲良し。
メンバーの結婚式っちゃあ集まって
出し物の練習を兼ねてわいわいやってたのが
ここ数年は結構頻繁に遊んでます。


で、たまには育児話で盛り上がるのもいーじゃーん!と
はるばる遊びに来てくれたのよ。

K子とだんなさんはこのブログを
もんのすごく楽しみにしてくれているそうな。
更新するたびに感想メールをくれるのー。
ありがてえだよ(T_T)
このブログを続ける原動力になっているといっても過言ではないな。


ゆーちゃんはおーちけと1ヶ月違いの赤ちゃんまん。
親子あわせゲームをしたらダントツ優勝間違いなしってくらい
k子とだんなさんにうり二つの癒し顔なのでありました。

おーちけはさっそくゆーちゃんの顔をべったべったさわって
ごあいさつ。

おもちゃをばらばらーっと出しておくと
二人でそれはそれはおとなしーーーーーく遊びます。

そう、この二人、
同年代で全国上位100位にくい込めそうなくらい
「手のかからないベイビーズ」なのです。

大きな声でぐずったのはほっとんど無かったし。
ご飯も二人ともたくさん食べたし。
途中でしっかりお昼寝もしたし。

ときどき母たちの顔を見ては
にこにこして見せてまた遊ぶちび達。

もうね、母はゆーちゃんの
ハナの頭をくしゃっとさせて笑う顔
ずきゅーんでしたよ。
そんなに大サービスしてくれて、
んもう!まったく可愛いんだからっ。


あ、いうまでも無く
こんなに平和なのは
あの誰かさんが保育園に行ってるからですよお。


でも、K子。
第1子だというのに上手に力が抜けてて
なんだかすっかりあったかお母さんでした
ゆーちゃんがこんなに穏やかなのは
育ててるほうがゆったりしているからでしょうなー。


しかーし!衝撃の事実を目の当たりにしてしまった!

なんとゆーちゃん。

芸をするのだー!

「おもちゃのチャチャチャ」と唄うと
可愛く(←重要)手を叩いてるじゃないかーっ。



おーちけ!
あんたもなんかやんな!





ヽ(^o^)丿 にひ。





笑うだけかぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!



そう、おーちけくんは何もできない。
ていうか、芸を仕込むのを忘れていた。

何たる不覚っ。
ああ、兄貴はあんなにも無意味に芸達者なのにぃぃぃぃぃ。

さっそく母は「ばいばい」を仕込みましたよ、ええ。

するともっとびっくりなことに
ほぼ2分でマスター!
でもかなりまぐれっぽい動き。
でも、親ばかパワーで「できたこと」にしました。


ふう、あぶないあぶない。
このくらいの人たちは、もう芸をすることに
気づかせてくれたK子。恩にきります。


保育園から帰ってきたこたに
「おーちけばいばいができるようになったんだよ」
と教えると
「こたなんてこんなにできるよっ。バイバイバイバイバイバイバイバイバイバイバイバイバイバイ・・・・」

競い合わないように。(-_-;)


あー。いっぱいしゃべったのにまだまだ足りないわ。
とってもとっても楽しい一日でした。
K子、ゆーちゃん、また来てねー☆
こんどはファイヤーマンの父ちゃんも一緒にね。
2006.09.14 はんたい言葉
あーおかしかった。
寝る前だというのに死ぬほど笑いました。

今日の寝かしつけのとき
なにげなーく「はんたい言葉」を教えてみました。


「『大きい』の反対は『小さい』だよ」

こたは「へ!?」という顔をしていたので

「『上』の反対は『下』だよ」


もうスッカリ考え込んじゃってます。

そして何を言うかと思ったら



「『なっとう』のはんたいは?」


(((( ;゚Д゚))) 
ハイ!?


なんだと思う?と聞いてみると
すんげー一生懸命考えて



「まぶしい」






すっばらしーわ、そのセンス!

じゃあどんどん行ってみましょう。



母「 『明るい』の反対は?」

「ちゃっぴーのおみせ」



母「 『長い』の反対は?」

「かたな」



母「 『あつい』の反対は?」

「よる」



連想ゲームなんですか?

しかも全部名詞じゃねーかっっ(-_-;)



じゃあ出題者交代。

「『きたかぜこぞう』のはんたいは?」


キターーーーーー(@_@;)

いきなり超難問。
全くわかりません、先生。

わ・わかりません・・・というと

「きたかぜこぞうのはんたいは、『レストラン』でーす」
(((( ;゚Д゚))) 

すごいや先生!

もういっちょ行ってみよう!



こ「『じてんしゃ』のはんたいは?」

母「わかりません」(←考える気なし)


「じてんしゃのはんたいは、『からい』でーす」

もう、さっぱりさっぱりわかりません。
「反対」じゃないじゃないか・・・。


ちょっと日本語を教えてやろうと思ったのに
勝手なルールでこたに遊ばれた感がぬぐえない母。

なんだかくやしいです。


こたと笑いすぎて、せっかく寝たおーちけを
起こしてしまいました。

今日も平和でありました。









子どもを眠らせることを
「寝かす」「しつけ」という意味で
「寝かしつけ」というんだそうです。

なるほどー。
確かにしつけです。
放っておいたらこどもっていつまでもいつまでも
体力の続く限り起きているだろうし。

ま、こたは体力が持たずに
せいぜい21時半がいいとこでしょうが。
起きてる時間がエネルギッシュすぎるんだよな。

でも、個人的には子どもが夜遅ーくまで
起きていることがすごく嫌な母。

うちの寝かしつけタイムは20時半~遅くて21時くらいです。

そんでもってウチにはおーちけという
もっと体力の無いヒトがいまして。

こちらはなんと19時です。
7時ですよ、7時。
夏なんて、まだ明るいし、外で子どもが遊んでるし。
でも眠くなっちゃうんですもの。
仕方ない。

16時にこたが保育園から帰ってくると
毎日こんな感じです。

16時 保育園お迎え
16時半 スムーズ行って帰宅(行かないとあちこち寄り道)
~17時半 家で遊びまくり
17時半 もめまくってお片づけ
~18時 夕食
18時半 お風呂(夏は面倒なので二人をベビーバスに突っ込んで遊ばせる)
19時 おーちけ眠くてぐずぐず→おやすみなさい
~20時半 こたと二人でおーちけがいるときにできない遊びをする
(レゴ・粘土・ビー玉遊びなど)
~21時 歯みがき・お話・おやすみなさい


あら?

こうやって見るとなんだかスムーズに見えるわ?

しかーし。
どうしてどうしてあんなにあんなに修羅場なんでしょうか。

ご飯の前とか、お風呂とか修羅場は数々あれど
一番はやっぱり
「こたをなだめつつおーちけを寝かす」でしょうな。

いつもおーちけを寝かす前にこたに聞きます。
「遊びたいならひとりでご飯の部屋。
静かにできるならかあちゃんとねんねの部屋。
さあどっち?」

何を隠そう、クラスでも5本の指に入るほどの
ビビリのこたが
一人で遊べるはずなど無く
毎日迷うことなく
「ねんねのへや」。

ちょびっとおもちゃを持たせたりするんだけど
寝かしてるんだって言ってんのに

大爆笑しながらでんぐりがえしですよ?

おいおいおいおいおいおいおいおいっっっ!!
ちっとは母ちゃんの話をきけっつうのーーーっ!

「うるさいよっ」
と超特大のささやき声で100万回言っても効果のないこた。
ついには母もぶっちーんとキレまして

「言う事聞けない子は出てけーーーーっっっ」

ご近所中に響き渡る怒鳴り声、
ご近所中に響き渡る泣き声・・・
そしておーちけの寝かしつけは振り出しに戻る・・・

あーもお。
ここまでしないとおとなしくできんのかね。

まあでも平和に行く日もあります。
おーちけがすんなり寝ると
あとはこたとかあちゃんべったりタイム。

3歳の誕生日に買ったクーゲルバーンという
組み立て式のビー玉転がし積み木で思う存分遊び、
歯医者さんごっこで歯みがき。
寝る前のお話は豪華3本立てだったりして

「かあちゃんだいすちだよお」
「母ちゃんもこた大好きだよお」


なんて言っちゃったりしながら
「アマ-----ッ」(スピードワゴン風)
って感じに過ごしてます。

8月は怒ってばっかりの寝かしつけも
9月になってからはニコニコ。

こたも嬉しいらしく
「かあちゃん、にこにこーってわらいながらねよっか?」

それはちょっとアブナイけどな。

でも眠りに落ちる前のほんのひととき、
できる事ならニコニコして過ごさせてあげたい。

だから!おねがいだから!
でんぐりがえしでおーちけの頭を直撃するのは
やーめーてーくーれー(T_T)


2006.09.10 やっと9月
お久しぶりの更新です。

いやあ、怒涛の8月でありました。

父ちゃんの仕事がものすごい忙しく、
朝は6時50分に出勤
夜は0時半に終電で帰宅。
帰ってくるとご飯を食べ、疲れ果てて眠ってしまう・・・。

つーことはどういうことかと言いますと。
後追い全開の9ヶ月ベイベーと
やだやだ全開の3歳児を一手に引き受け
母ちゃんはへとへとでありました。

おまけに日々の愚痴を
疲れて帰ってくる父ちゃんにも話せず。

人間、愚痴を言う場がないと
どんどんどんどん追い詰められていくんだなあと
身をもって実感してしまいましたよ。

こたとあまりにも険悪ムードになっちゃったので
ある日実家に行き、おばあちゃんにグワーッと
愚痴らせてもらった母。

ふしぎですねー。
その日から憑き物が落ちたように余裕が出てきて、
こたのやだやだにのんびり付き合えるようになりました。

まーそんなこんなで迎えた9月。
父ちゃんの出勤時間が遅くなり
朝のドタバタがなんだかゆったりタイムに。

おまけにおーちけのハイハイが上達して
ゆっくり歩いてあげると
びったんっ、びったんっ、と
ついて来られる様になったので
泣く回数が減ってきました。

あーーーーーらーくーちーんーだーー(T_T)

そんなこんなでブログを書く余裕がうまれましたとさ。



最近のこたは「へりくつくん」になってます。
何かをやらかして叱るとしようもんなら

「えー、だってこたが今やろうとおもったのにー。
かあちゃんがおこるからこたやれなくなっちゃったよー」

などとぬけぬけと言うように・・・。

思わず叱るときの決まり文句、
「『だって』じゃねえっっ(-_-メ)」
と言いたくなります。

でもおもしろいから聞いちゃう。
所詮3歳児。
ボキャブラリーがそんなにあるはずも無く、

「もおー、こたにえらべせてくれないと
いやんなっちゃうのにー。
ほらみてっ。
こたのかおがだんだんどぼろうさんに
なってきちゃったよっ」


打ち間違いではありませんよー。
これを真顔で聞かなきゃならないのは
はっきり言って拷問です。

まあ、へりくつとはいえ
言葉が本当に達者になってきました。

こないだ、寝室で母がおーちけから手が離せず
こたに扇風機を土台ごと動かして
向きを変えてもらおうとしたときのこと。

母「ちょっと扇風機をぐるっとまわしてくれる?」
こ「???」
母「えーとねー、下のまーるいところをハンドルみたいに」
こ「??・・・こう?」
母「ちがうちがう、ぐるっとだよ。棒がついてる
下の緑の電気がついてるとこ」
こ「どれおすの?」
母「押さないの!(絵本を床において)下のとこをこう!(回してみせる)」
こ「こう?」(自分も絵本をとって回す)
母「あーもう!ちがうちがう。じゃいいやありがと。」

「じゃーいいやっていっちゃだめだよおん!
こたいっしょうけんめいやってるのにいいいいい!!!」

こた大泣き・・・(T_T)

あーごめんよ・・・。
そうだよねえ、ちゃんと伝えてあげずにもういいやって。
ひどい母ちゃんでした。

おーちけを寝かしてから扇風機のとこまで行き
「これをこうやって欲しかったんだ。ごめんね」
というと
やっと納得したこた。

次の日から
「かあちゃん、こうやってやりたかったんだよねー」
と毎日扇風機をぐるぐると動かしていましたとさ。
理解できたのが嬉しかったみたいです。


さてさて、一方おーちけさん。
可愛い顔して時々アクマのようなことをします。

今日も寝ているこたの髪の毛を
ぎゅうううううっと引っ張り
兄さん大泣き。

「おーちけ!髪の毛ぎゅうしないの!」というと
もうおかしくておかしくてたまらん
いう顔をして布団に顔をうずめて笑いまくり。
母の怒った顔がそんなにおかしいか・・・。

そして今朝。
おーちけ以外みんな寝ている早朝5時。
「ばっぶーばっぶーばっぶー」という声に混じり、ガッコンガッコンという音が。

慌てて起きてみると
母の眼鏡のフレームを握り締め
壁に叩きつけているではないかっ。
うひゃあああっと取り上げると
すでにあらぬ方向に曲げられたフレーム。
「おーちゃん!こらー!!」というと
それはそれは嬉しそうにニヤリ。

おのれーちび。
許すまじ。

油断ならない毎日です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。