上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.17 夏バテ・・・
暑いですねえ。というのもいやんなるほど暑いです。
こたはここんとこ夏バテ気味です。

いつもはパワー全開、
どんなときも首周りにまとわりついて
耳をひっぱったり頭に乗っかってきたりなのに
ある日保育園から帰ると、ぼーーーーーーーーっ・・・・・。

「今日はプール入ったの?」
「・・・・・・」
「(愛しの)みーちゃん来てた?」
「・・・・・・・」
「どうしたの?」
・・・・・・かあちゃん、しろいジュースのみたい

うひゃあめずらしい!


もう話すのもいや~って感じ。
目はうつろちゃんだし。
いつも元気な子がおとなしいとなんだか胸が痛いわ。

甘いジュースが飲みたいということは
体がくたびれてるに違いない。
ちなみに白いジュースはカルピスです。
こたっていつもはジュースよりも
牛乳よりお茶よりも「お水!」なのに。

こたの大好きな氷をたっぷり入れたカルピスを作ってくると
嬉しそうにごっくんごっくん。
「もっとのみたい」というので2杯目も。

飲み干すとちょっと元気が湧いてきたようで
顔に精気が戻ってきた感じ。
こたの好きなキーワード「まじれんじゃ」「さむらい」「おすもう」
などなどちらつかせて遊びに誘うと
ちょっとずつノッてきてだんだんいつものこたになりました。

うーん、こりゃあちょっと保育園はお休みだな。

翌日。
園に電話して事情を話し、お休みさせました。

朝、いつもは6時におきるこたなのに
起こさないで涼しくした部屋で寝かせておいたら
起きてきたのはなんと9時。
疲れてたんだね。

お散歩がてら、近所のパン屋さんに行き
朝ごはんのパンを選びました。
今日はかあちゃん、こたにあまあまにしちゃうぞおと思い
こたが食べたいといったパンをトレイに。

いつもは甘いパンは1個!なのに
チョコレートドーナツメロンパンクリームホーン
みーんな買いました。

もちろん食べるときもいつもみたいに
「サンドイッチも食べな!ツナのぱんぱんも!」
なんて言わずに、好きなパンを好きなだけ。
顔中チョコだらけにしてニコニコのこたでした。

その日も暑い暑い日だったので
涼しいおうちで遊ぶことに。

一緒にとんとん相撲を作って対戦。
柔らかいボールで野球ごっこ。
お風呂で水遊び。
レゴでキリンの親子を作ったり。
小麦粉粘土でうんちコレクションを作ったり(こた笑い死に寸前)。
家中の絵本をかたっぱしから読んだり。
ふろしきを体中に巻いておひなさまごっこ。

お昼になったらカーテンを閉めた部屋で お昼寝。

夕方には自転車でスーパーへお買い物。

時間がゆっくり流れて、こたもだんだん元気になってきました。

夜もいつもよりも早く寝て次の朝もおねぼう。
翌日、もう一日休んで同じようにゆったり過ごしました。


さすがに2日目の夕方には保育園に行きたい!になり
母も一安心。

2日間のお休みでこたも充電完了!
嬉しそうに保育園に行きました。
おーちけは2日間兄ちゃんにばっちりつきあって
ろくろくお昼寝もできなかったので
こたが復活した日、まさに泥のように眠りました。

専業主婦の皆さん、すっばらしいですね。
母は、ちょっと疲れてしまったさ。

でも、貴重ないい時間だったなあ。
こたがまた、いい顔で保育園に行ける様に
のんびり見守っていこうと思った母です。

暑い日の出来事でした。
スポンサーサイト
先日、こたとテレビを見ていたときのこと。

子ども向けの料理番組でクレープを作ってたんです。
画面にはおいしそうなクレープが次々と焼きあがってる。

突然すくっと立ち上がったこた。

テレビに向かってつかつかと歩み寄ると
画面に向かって大口をあけ、


テレビの画面を食べた!


「こた、ちょっとあじみしてみたの」
と恥ずかしそうに言ってるし。

これをみた母。
「血は争えん・・・」と腰が抜けてしまったよ。

なぜなら、あれは母4歳(くらい)のころ。
テレビにホットケーキのCMが流れていました。
それを見て、無意識に、ほんっとうに無意識に
ふらふらと画面に近づいていき
画面をばくりと。(ー_ー)!!



ええ、くちびる切りました。
おばかな子どもでしたとも。


またあるとき、親戚の家でテレビを見ていた母。
サスペンスドラマか何かでカップルが橋の上を歩いてる
というシーンがありました。
それを横から撮ってる画だったんですが。

気がついたら私、

テレビの上から橋の中を覗き込んでいました。

何か見えると思ったみたいです。
我ながら自分の行動が理解できん。

親戚みんなが見守る中、はっと気づいたら
一人で立ってテレビの前。

ひゃあああああああ!し、しまったぁぁぁぁぁぁぁあ!(;一_一)

「なになに?何してたの今?」と聞かれ
「いいのっ、なんでもないのっ」と
泣きそうになっていた小学2年生の夏。
おばかですね。


こたの性格は母にとても似ているようで。
ひじょーにお調子もんのところとか、
泣きながら鏡を見に行くところとか(どのくらい涙出ているか確認)。
い、今はやってないですよっ。昔の話だからっ。

新しいものをすぐに使いたがるのもそっくり。
こないだ靴を買ってあげたら、お店出口で
「ここであたらしいおくつはきたい」

あーた、そりゃあはやすぎるよ。

これはじいちゃんから受け継いだものです。

ちなみにおばあちゃんと姉であるケンタ母は
「何かのときに出しましょう」と
買ったものをちゃんとしまっておいて
然るべきときに出すタイプ。

すげえ。素晴らしすぎる。
ぜっっっったいにできません。
買ったものは翌日に使うもんだと信じてますから。


こたはとうちゃんの血もちゃんと引いているようで
格闘技バカな3歳児でもあります。(やだなー)

とうちゃんはどのくらい格闘技バカかというと
24時間格闘技ばっかりやってるチャンネルが見たいがために
スカパーに加入。

仕事から疲れて帰ってくると真っ先にそのチャンネルをつけ
ご飯を食べ終わり、気持ちよくうとうとしているときに
プロレスの実況(や、ドッタンバッタンの音)
聞きながら寝るのが至福のときだそうです。

もともとDNAに組み込まれていたのか
父ちゃんの英才教育の甲斐あったのか
こたは保育園でも有名なプロレス好き。

好きな選手は全日本の小島聡。(普通の女子は知らないだろう)


「こたはーコジマねっ。とうちゃんはヤッシーねっ」
と言いながら小島選手の得意技ラリアットでとうちゃんを倒し
(小島選手がやるように
トレードマークのリストバンドを取るのも忘れない)
押さえ込むと
「かあちゃんっ、わんつーすりーっていってっ」

腕ひしぎも逆水平もたいしたものです。
汗だくになってプロレスごっこをしている二人。
しかもものすごい本格的。

保育園にもプロレス好きの男性保育士T先生がいるので
朝っぱらからT先生に会うと
朝の挨拶は「コタラリアット」

ああ、かあちゃんは本当にイヤだわ。

と言いながらだんだんプロレスに詳しくなってくるかあちゃん。
環境って恐ろしいですねえ。

10年後、我が家に特設リングができていないように
どうぞ一緒に祈ってください。

生意気にも、ここに人見知りデビュー
果たしたヤツがおります。

その名はおーちけ。

性格はいたって温厚。
とにかく泣き止ませるのが簡単で(抱っこかおっぱい)
手のかからない赤ちゃんコンテスト準優勝候補だったのに。


今までは「とにかく人さえいればよい」という
アバウトさで生きてきましたが
「母ちゃんがいることがもっともよい」ということに
ついに気づいてしまいました。ちぇっ。(←心の声)

なんと、こたにとってもおーちけにとっても
唯一母の代わりとなることができたおばあちゃんにですら
おとなしく抱っこされていないのです。

おばあちゃんに抱っこされてても
母がそばに行こうもんなら
「ぶーえー」
と両手を母のほうに伸ばしてくるではないかっ。

んもう!かわいいんだからっ。

でも正直「あーあ、気づいちゃったか・・・」って思いも
無きにしも非ず。

この間、おばあちゃんのうちに遊びに行ったときのこと。
おーちけをおばあちゃんに頼んで母はおつかいに。

おばあちゃん、ささっとおーちけをおんぶすると
「見ないの!母ちゃんのこと見ちゃだめっ」とお散歩へと消えていきました。
ぶーえーぶーえーぶーえー(フェイドアウト)

帰ってくるとおばあちゃんの背中で撃沈。
おーちけ完敗です。
勝ち誇ったおばあちゃんの顔が印象的でありました。



相変わらず、ひっどい後追いのおーちけ。
おんぶしてるとまず泣かないので
これがいわゆる抱き癖ってやつ?
9ヶ月を目前にやっと気づきました。(←遅い)
ま、いーや。

前にこたの従兄弟のケンタ母に後追い対策を聞いてみたら

「いく(後追いするヤツ)を
部屋のいっちばん隅において
ケンタとダッシュでお風呂入るんだよ。
泣きながらはいはいしてくるから
お風呂に到着するまでに入るんだ。

あとはガラガラとかをケンタに持たせて
踊らせたりして
『あ、おもしろいのはこっちだ』って思わせるんだ
そうすると私じゃなくてケンタを追うからね」


すんごいテキトーですね・・・・(-_-;)。
ありがとう。参考になった気がするようなしないような。


でも、相変わらず離乳食は残したことがないし
くっついてさえいればご機嫌だし、
夜もおっぱいのみたくて起きるけど
飲んだ瞬間撃沈だし。
悩みが後追いくらいなんて、贅沢ですね。


そうそう、最近ちょっと機嫌悪いなあと
思っていたらなんと!
小ちゃい歯がすこーし顔を出してました!

おお!ついに生えたか!
こたはものすごい歯が遅かったのでびっくり。

さっそく父ちゃんに報告したら
「え?もう?なんだよ、歯みがき始まっちゃうのかあ
めんどくせえな。」

めんどくせえだと?
これだから2番目って・・・。
新鮮さは限りなくゼロですな。

でもねー、こたにはナイショですが
おーちけ、かわいいですよお、ものすごく。
可愛がる余裕もあるんでしょうね。
にやーんと笑われるとこちらまでにやーんであります。

こたにいちゃんに日々鍛えられつつ(ていうかいじめられつつ)
すくすく大きくなるのだよ!




子供服・子育てブログランキング   ←祝!人見知り開始!にワンクリックを。


↓もう一件アップしてますよ。
更新がゆーーーーっくりであります。
チョコチョコ続けるので
気長に待ってやってください。すみません・・・。

さてさて。
先日保育園にこたを送りに言ったとき
赤ちゃんクラスのときに担任だったB先生に会いました。

B先生はこた達の担任を最後に定年退職。
今は保育園のトイライブラリーや子育て広場みたいな場所で
子育て支援をしている方です。

もう筋金入りの大ベテラン
なのに威圧的なところが全くなく、いつもにこにこ元気いっぱい。
なんでもおもしろがってくださるので
会うとついつい甘えたくなってしまうステキな先生なのです。

母はいつものようにおーちけをおんぶして、
こたに「あくしゅでばいばいばい」を100万回ほど せがまれていました。
「あくしゅでばいばいばい」が「だっこでばいばいばい」になり
もう一回!もう一回!となかなか帰れず
前にこた、後ろにおーちけを抱えて正直「んもおおお!」状態。

げんなりしているとにこにこ見守っていたB先生、
「うーん贅沢贅沢!
この姿、父ちゃんに写真とっておいてもらうといいよ」

え?これ?

「そのうち『母ちゃんはあっちいって』なんて言われるんだから
こんなかわいい子達独り占めなんて贅沢な時間よ」

・・・・そーか。
そーなんだ!

「 『四つ夜が明けた』っていってさ、
それまでは子育ても暗い夜の中を手探りで大変だけど
4歳になると夜が明けたみたいになるんだよ。
子どもも周りがぱあっと見えてきて
親から離れて、急に友達との時間が増えるんだよ」

じゃあ、あと1年・・・。
その言葉を聞いて、「ちょっとだけ時間が止まってもいいなあ」と思ってしまった。

いつもいつも「もう少し大きくなって楽にならないかな」と
思っていたので、B先生の言葉は新鮮でした。

B先生はいつも前向きに前向きに支えてくれます。
こたのいいところ、かわいいところをいっぱい発見してくれる。
そして決して押し付けない。

B先生、ありがとう~(T_T)
母はまた頑張れそうです。


さて、まだ夜が明けないこた。

最近はお口が達者です。
こたと遊んでいてついつい
「んもお、こたはばかだなあ」
とでも言おうもんなら、すんごい勢いで
「ばかっていっちゃだめなんだよっ」
と言われてしまいます。

この間もつい口が滑った母に
「ばかって言っちゃだめなんだからっ。
ばかったいうのはねえ、えーとえーと、

くさいことだよっっ!」




く・くさい?(@_@;)



とにかく「ものすごくダメ」らしきことを伝えたかったようです。
くそまじめな3歳児です。(←これもくさい)


余談ですが、今日保育園にお迎えに行ったとき
母に向かって
「ばかたれー。ばかたれー」

という3歳児が。

なぬー。生意気ではないかっ。
よおしそれならオトナの切り返しを、と思い
耳のそばで

「知ってる?ばかたれーなんて言ってると
お口がだんだん真っ黒になるんだよお。
うわ!黒い黒い!うがいしておいで!」

慌てて鏡を見に行ってましたよ。
この母にばかたれなんて100万年早くてよ。
でも、びびってる姿がたまらなくカワイイ。
このこのー!といじりたくなってしまうタイプなのです。

そのよこで「ばかっていうのはくさいことだよっ」
相変わらずアツイこた。
キミは直球勝負しかできない男とみたぞ。
ま、いーか。(←こちらもこたの口ぐせ。もちろん母ちゃんゆずりですとも)


子供服・子育てブログランキング   ←「クリックしないのはくさいことだよっ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。