上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こたは保育園生活最後の運動会です。

あかちゃんクラスのときは雨で中止。
年長のクラスのお父さんお母さんたちが、必死に
「延期にしてください」って園長先生に頼みに行ってたなあ。

1歳は親子で楽しく参加、2歳は普段使っている黄色い保育園帽子に
バスの車掌さんのワッペン(手作り)をつけてくださいって言われて
手芸が3度のご飯よりキライな母は、ボンドを駆使してすばらしい(自画自賛)ワッペンを作りました。

3歳のときは、おかあさんのところまで走っていくという競技で
となりの子までこたと一緒に飛び込んできて笑ったなー。

去年は初めてのリレー。
どの子も必死で、前を向いて走る走る!
涙涙で鼻をすすりながら「がんばれー!」って応援しました。
あんなに燃えたリレーも久しぶり。
回りのお父さんお母さんも声をからして走ってる子をみんなで応援してて
なんだかふつふつと子育てしてる幸せをかみしめたもんです。


さあ!今年はいよいよ最後!はやいなあ。

小さいころからあこがれてた「獅子舞」に挑戦です。
うちの地域は地域の伝統芸能で獅子舞があって
毎年お祭りになると神社で盛大にやるんです。

笛と太鼓と先生の歌声に合わせて舞う獅子舞。
大人でも、あれだけの長い舞を覚えるのって絶対大変。
この子達はいったいどうやってこれを覚えるんだろうって毎年思ってみてました。

ついにこたの番。
きっと小さいころからおにいちゃんおねえちゃんたちがやっているのを
じいっと見て大きくなっているから、体が覚えているのかな。


獅子舞は列に並んで舞う部分があるのですが
こたはなんと先頭になったんだって。

かあちゃん、これは嬉しかったなあ。
今日先生とも話していて
「先頭はすごいプレッシャーなんですよ。
後ろにみんなついてくるから間違えるわけにはいかないし。」
とのこと。

こたは空手でも型が得意で、親が言うのもなんですが
体をきれいに動かすのが得意らしい。

獅子舞の先頭なんて、そりゃあはりきっちゃうだろうなあ。

リレーのアンカーもこたか同じクラスの男の子か、最後まで決まってなかったんだけど
アンカーはその男の子になったそうです。
アンカーのこたも見たかったけど、獅子舞先頭はもっと嬉しい。

張り切って毎晩足を上げる練習と、側転の練習をしてます。

当日は胸がいっぱいで見てられないだろうな

がんばれ、こた!
かあちゃんは君の勇姿をしっかりぜーんぶ見届けるからね!
スポンサーサイト
2008.02.08 おひっこし~
バタバタしているうちに、一ヶ月経ってしまいました!

前回のブログで「忙しくなる」と書いたのは
おひっこしなのでした。

とは言っても賃貸→賃貸なんだけどねー。
結婚してからずっと住んでいた3DKはいよいよ手狭になり
1年半近く探し求めていたテラスハウスへ!


前のアパートもとてもとても好きだったんだけど
こたやおーちけがドタバタ走り回ると
いやー!かんべんしてー!っていう位の音が響く・・・。
安普請なんでしょうな。



でも風通しが良くて、一日中陽が当たって、
家賃の割りに3部屋!これには助けられた。
この家で始まった結婚生活。
毎日毎日ごはんを食べ、幸せだなあと思ったりケンカをしたり。
こたが産まれて、おーちけが産まれて
二人ともこの家で大きくなった。

山ほど友達が遊びに来て、思い出もたくさん。
きっとこの家のことは一生忘れないだろうなあ。
引越しの日は胸にぐっと来てしまいました。


家探しって条件も去ることながら、
をかなり大事にします。
母は直感タイプで、最初にぴんときたことって
今までかなりあてになってるから。

今回のここも家の前に立った瞬間に
「あ、ここだ」と思ったのですよ。
玄関はいる前に「とうちゃんここだよ」と思わず言ってしまいました。

ま、そんなわけで、悩みましたが引っ越しを決めたというわけ。

新しい家は下が12畳のリビングダイニング・お風呂・トイレ
2階が6畳・6畳・4.5畳・トイレ。

リビングダイニングというものを始めて使った我が家はその便利さに感動!
なんて楽チンなんでしょう。
洗濯物を干す場所がたくさんあるとか、玄関が大きめにできているとか
住み始めて1ヶ月ですが快適快適。

子どもたちはというと
こたは
「どたばたしてもいいおうちに引っ越したいなー」
とずっと言ってたから
連日、押入れから飛び降りて、
「ふっとすたーんぷ!」と
父ちゃんにプロレス技をかけておりますです。
そんでもってびびりっこなので
トイレに一人で行けず
廊下にへーきで一人で出て行くおーちけのあとを
慌てて追いかけて無理やり一緒に行ったりしてる。
情けないアニキよのう。



おーちけは引っ越してから1週間は毎朝大泣き・・・。

こたは新しいおうちにウキウキしてたけど
おーちけはわかりそうでわからない微妙なお年頃なんだよねえ。
「ここは自分のウチじゃない!」と言わんばかりに
母から離れられず泣きまくっている姿に
母は胸が痛かった・・・。

おばあちゃんに話したら、母が子どものころの引越しでも
まったく同じことがあったそう。
姉であるケンタ母が2歳だったとき
引っ越してしばらくは夕方になると
「おかあさん、おうちにかえろうよ」と泣いたそう。
「引っ越しって子どもが小さいうちはもうしたくないって思ったわ~」
と話してくれました。

ああ、せつないじゃないか!2歳児よ!

でも前へ前へと進まなければ、なのです。
今となってはおーちけもこのおうちにすっかり馴染んでくれて
走り回って遊んでまーす。

ちょびっと広くなったので
みなさん、遊びに来てね~!!
誰かが来てわいわいごはんを食べるのが大好きなのだよ。
まってるよー!
2006.07.04 誰に似てる?
こたはこのごろ、顔が変わってきたみたいです。
「なんだか最近かわいいねえ」と言われることが多くて。
つうことはちょっと前はかわいくなかったんでしょう。

実際、母の目から見ても
「お、最近いけてる」
とか
「このごろはパッとしないな」
って時期があります。

我が子だからかわいいはずなのに
これってなんなんでしょうねえ。ホントに不思議。
成長に伴って顔つきがどんどん変わってるんでしょうか。

この間、デジカメ撮影したデータをずーっと見てみました。
うーん、こたの赤ちゃん時代、正直いまいち・・・。

あの頃はかわいいかわいいと思ってましたが
月日がたつと冷静に見られるもんです。

見れば見るほどいまいち・・・と思ってたら
あら?
1歳過ぎた頃から急に愛くるしい系に。
おでこのあたりが緩んだというか、
穏やかな感じになってます。

よーく見ると父ちゃんに似たり母に似たり、
ちょっとずつ変わってます。


前に聞いたのは、赤ちゃんってみんなに可愛がられるために
一通りみんなに似てから顔が決まるんだそうな。

なーるーほーどー。

でも、こた・おーちけ、そして従兄弟のケンタ・いくが全員言われたのは
「じいちゃんにそっくりねー」です。
確かに全員ミニじいちゃん・・・。
孫4人にしっかり血を分けてくれたよ・・・。


さて、性格ですが。
こたの性格・・・
・単純
・お調子者
・ふざけすぎ
・ビビリ
・人の話を聞かない
・立ち直りが早い
・よくばり
・あきっぽい
・こう見えて結構こだわる



うーん・・・こうやって書いてみると、性格は母ですな。
単純・お調子者・あきっぽい・・・がっくし。
こだわるのは父ちゃんです。もっと言うと父ちゃん方のお母さん、
こたのばばちゃんです。


こたとは毎日わちゃわちゃ暮らしてるので
こんなもんだと思っていたら、ある日従兄弟のケンタ母に

「こたって大変だよねー・・・」と衝撃の一言。

そーか!どうりで毎日毎日エネルギーを吸い取られると思った。
こたは大変なヤツなんだ・・・。
外におでかけするのに、どうしてこんなに気合が必要なのか、
これでやっと納得がいくぞ。

それにしても、全っ然気づかなかった。
しあわせなことでございます。


おーちけは、もっと穏やかな気がします。
まだわからないけどね。
笑わせるのも簡単なら、泣き止ませるのも簡単。
おっぱいもよく飲むし、離乳食もよく食べる。
体重の増えも申し分ない(ていうか別の意味で申し分ある)

全国育てやすさコンテスト100位以内にはくい込めそうです。


こたと母は似たもの同士の宿命か、よくぶつかります。
二人でぶわーっとケンカして、お互い落ち着いてから
「かあちゃん大きな声で怒っちゃってごめんね」
「こたもぐじゅぐじゅいってごめんね」
と仲直りし、ぎゅーするのです。
で、またくり返し。
学習しない我ら。


根気強く、感情で叱らない父ちゃんとは
とても気が合うみたい。


思いっきり体を使って遊んでくれ、遊び心いっぱいの父ちゃんは
少々あぶないこともがんがんやらせてくれます。
でもさー父ちゃん、どこでも裸足で歩かせるのはどーかと思うわ。
ま、でも、父ちゃんと子育てしてると、
男の子の育て方の勉強になりますな。

でも父ちゃん。
ホントに怒るとそれはそれは恐ろしい・・・。
母ちゃんもビビる。
こたはそれをよーく知ってるので
雲行きが怪しくなって「・・・こた」と父ちゃんに言われると
あわわわしてしまうのです。

そうそう、あわわわしなさい。
そんでたまには叱られなさい。


大事なとこはしっかりおさえるように。

あんまり口うるさくならないように。

子どもらしさを失わないように。



心がけているけど、子育てって難しいですね。
きちんとやってるお母さんから見たら
私の子育てなんてテキトーに見えるんだろうな。

ま、大事なのは大きくなったとき、
家族でいるのっておもしろかったよなあって思ってもらえることかな。


二人とも男の子だし、そのうち家を出て行って
うまくいけばかわいい彼女を見つけて
もっとうまくいけばかわいい奥さんを連れてくるでしょう。
(ほんとにうまくやれよ)

そんときに「うちみたいな家族ならおもしろいかな」って思ってもらえれば作戦成功。
父ちゃんと握手してビールで乾杯です。

子育ては楽しいし、いつまでも一緒にいたいなあと思う反面
二人が元気にひとり立ちしてくれたら、
父ちゃんと楽しみたいことはたくさんあります。


大変だー大変だーと言いながらも
期間限定の子育て、楽しもうと思いまーす。


子供服・子育てブログランキング    ←このごろさぼり気味なせいかランクが落ちちゃってます(T_T) ぽちっにご協力を!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。