上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のこたちゃん。

6歳も半ばを過ぎ、だんだん口ごたえするようになってきたー
二人のけんかの仲裁をするとき、よーくよーく見ていないと

「じゃあこたががまんすればいいってことなんだよね」
(横目でためいきまじり)

「いや、そういうことじゃなくてさあ・・・」

「いいよ・・・もおこたはわかったから・・・ごめんねおーちゃん」
(ぷいっとむこうに行ってしまう)

ってな感じなんですよ!母不覚にもうろたえちゃったりするんですよ!


とっても機嫌の悪い日。
こたが今まさにやろうとしていたことを
「あっ、あれ忘れずにやっておいてねー」
なんて先回りしちゃうもんなら

「(またためいきまじり)・・・いまやろうとしてるよ・・・よくみて?」


・・・くううう!感じ悪い!っていうか母が悪いのか?

納得いかないことは絶対食い下がってくるし
かあちゃんの隙を突こうとしてくるー。

小さいころからすっごい怒りまくっていても
理路整然とどうしていやなのか説明してくる子だったし
(これは完全に父ちゃん似)
こりゃあ、いい負かされる日も近いです・・・。

でもこれ、父ちゃんには絶対言わないのよねー。
父ちゃんにこの話したらすごいびっくりしてた。

子どもたちにとったら父ちゃんは絶対ですから。

こたは毎晩空手の稽古を父ちゃんにつけてもらっているんですが
そのことを話していたときのこと。

「稽古、きつい?」

「そりゃあきついよお」

「いやになったりしないの?」

「するときもあるけどー。でも父ちゃんいつも稽古のときこわいけど
 とうちゃんに『いまのいいねえ!』って言われるとすごいうれしい」

ほおお、と思いましたね。
こたなりに厳しい中にも喜びを見つけて手ごたえを感じてるんだなあと。

いつも稽古のときは、見ているこっちが「イヤ・・・今日はこのくらいで・・・」と
言いたくなるくらい厳しい父ちゃんなのですが
ほめるときは稽古が終わってからぎゅうぎゅうだっこしてほめる。
稽古中のこたの真剣な闘志むき出しのまなざしをみていると
これは私にはできん・・・とつくづく思います。
男同士ってやつですな。


でもでも、まだこたにはアマツタレオくんの部分もたくさんありまして。

夜寝るとき、寝かしつけは父ちゃんに任せ、母はお風呂に入ろうとすると

「かあちゃん!こた絶対おきてるからがんばって早く上がってこたのおとなりにきてね」
と、かーなーらーず!小声で言ってきます。
(あがって寝室に行くと90%の確立で落ちてますが)

おーちけが父ちゃんに肩車してもらっていると
二人がとおーくに行ってから、「こたもおんぶ!」といって
にや~んと背中に乗ってくるし。


おーちけは、かあちゃんかあちゃんとくっついてくるものの
甘えさせてくれればラッキー的で、きっと誰でもいいのかも。

こたは甘えるのはちょっと恥ずかしいけど
もう絶対母でないとだめなんでしょうな。
なんか見ているとわかる。自分で言うのも変ですが。
こたは、こただけに向けたまっすぐな愛情が人一倍ほしい子なんだなー。

こんなに愛情を求めてもらえるシアワセ
いいかげんかあちゃんなのに、ありがたいことです。
冒頭の口ごたえもそう考えるとかわいいもんですな。


たっぷり甘えて満足すると、わーっと遊びに行く。疲れると帰ってきてまた甘える。
それを繰り返して大きくなるんですよ、というのを昔研修で聞いたけど
いままさにその段階なんだろうね。

だからこたが、「だっこー」ってきたときには
迷わずぎゅうっとしてあげたいなと思うのですが・・・
父ちゃんがダメって言いそうだな・・・ははは

きっとあと3年位かなー。
うーん、ちょっとさみしいな

なーんて、母のつぶやきでした。

スポンサーサイト
こたについての大発見。

なんと足し算ができるらしい・・・。
保育園の年度末に出る文集に、足し算ができると書いてある子がいてね。
母は「小学校はいるまでには読み書き計算ができなくちゃ!」と
まっっっっったく思っていないので、
ひらがなは興味もって「これなんて書いてあるの?」と言われた時に答えるだけ・・・。

おかげさまでこたちゃん、他の子に大きく出遅れてひらがなが
だんだん読めるようになってきた、というところ。

読みたい!という欲求に身を任せ、まあだんだん覚えていけばいいかなあと。

そんなもんだから、計算なんてとてもとても。

でもその文集を読んで、1回も教えないで聞いてみたら
いったいどう答えるんだろう・・・と気になったので試してみたの。


「さて、もんだい。こたがリンゴを2こもってました。
かあちゃんにもう1こもらいました。さて、何個になった?」


「・・・・3こ!」

うん、まあ、これくらいはね。

「第2問。こたがあめを5こもっていました。
おーちけに2こ食べられました。さて、何個になった?」


「おーちゃんたべてないよっっ!」

「・・・はいはいごめんね。かあちゃんが2こ食べました」

「・・・3こ!」

おお!引き算まで!?

こたに、これは算数っていって、一年生になったら学校で教わるんだよ、というと

「こたさんすうできるね!もっともんだいだして!」

やる気まんまんマンです。



こたがもってたチョコが何個残ったか、みかんが何個になったか、
次から次と正解していくこた。


すごい!この子の能力に気づかなかった私がおばかだったわ・・・と
思っていると、こたが

「こんどはこたがさんすうのもんだいだすねっ」

「よし!こい!」

「こたがかあちゃんにかーどをあげました。
さて!なんのカードだったか!




・・・・わかりません。

・・・・それにそれは算数じゃありません。



やっぱり平凡な息子でした。
久々の更新でーす。
懲りずに見ててくださる方、本当にありがとう。

携帯変えたら写真を撮る機会が減っちゃって。
普通は逆ですな。
いかんいかん。もっと撮らないとね。今日は写真なしですが読んでくださーい。


今日、寝るときにこたとした会話がおもしろくてねえ。
思わず更新。

「あのねー、保育園のおともだちってにおいするんだよ」
母「どんな?」

こ「○○はねえ(さすがに書けない)、いつもなんかにおいするなあって
思いながら、こたしゃべってんの」

母「においって?」

「ちょびっとだけへんなにおい」

母「・・・(-_-;)・・・それ、思っても絶対言ったらいけないよ。
○○、悲しくなっちゃうからね」

こ「しってるよ、言ってないよ、こた。
あとねー、みーちゃんはお花のみつみたいなにおい!

みーちゃんはこたのマドンナですもの。
たとえなっとーのにおいがしても、深呼吸するのでしょう。

母「あとは?あとは?」

「△△はこげたにおい!」

?????

こ「あとー、まちゃ(年下の男の子です)はミルクみたいなにおい」 
それからー、りおはいいにおいなんだよ~。なんでもないんだけどいいにおい」

母「じゃあ、かあちゃんはどんなにおい?」

(くんくんくんくん)すっごい念入りに嗅いでます。
 
こ「おお!かあちゃんっぽいにおいだねえ!シャンプーの ねぐせのにおい! 」


ねぐせのにおい・・・複雑です。



母「先生たちはどんなにおい?」

こ「Nせんせいはー、くちべにのにおい。
  Tせんせいはー、ミントのにおい。
  Sせんせいはー、ごはんのおいしいにおいがするんだよお」


キミは日々、人のにおいをくんくんしながら過ごしているのかね?
いやあ、でもこげたにおい、笑いました。
考えてみたら、パパがタバコを吸うおうちだからそのにおいなのかな。

「こたはどんなにおい?」ときくのでテキトーに
「せっけんのにおい」というと
「ねえ!うそいわないでちゃんとおしえて!?」と怒られました。なぜ?

ちゃんとくんくんすると、干草みたいなにおいがしたので

「はっぱみたいなにおい(心の中で「枯れてるやつね」)」

というと、にんまりして「そっかー♪」と言って眠りました。

においに敏感なのは母似ですな。
母は水のにおいにすごくうるさいナマイキな子どもで、
味噌汁のカルキ臭さをよく指摘してました。
鼻だけはいいんだよなあ。

へんなとこ似ちゃった(^_^;)

「この話、みんなにしないでねー」と言ってたので
「うん、わかったわかった」と言っておきました。
こたにはナイショでお願いします。
全世界発信ですが。おいらは裏切り者の母だな・・・。
お久しぶりの更新です。

みんな相変わらず元気だったんですが
なんだか激務で家のことに追われまくりな毎日。
ぜんっぜん筆(キーボード?)が進まず、あっというまに2ヶ月!いかんな。

この間にも二人ともぐんぐん大きくなりまして。

おーちけは「2ちゃいっ」(本人談)になりました。

どのくらい大きくなったかというと

「あれえ?おーちゃんのくちゅしたどこー?あー!あたよー」
としゃべれるくらい。

食事の後片付けで、
食べ終えたおちゃわんもガラスのコップもポン酢のビン(中身入り) も
すんごい勢いで、
どんがらがっしゃーんっっと
流しに放り込めるくらい。






それから




うううううううう~ん!


こんなポーズもできちゃうくらい。


一方コタ兄さん。
前回の記事で補助輪取れた!とかいてますが

信じられないことをやってくれちゃいました。



母が仕事の土曜日。
今から帰るね、と電話をすると
「じゃあ、○○駅のそばに来たら連絡して」と父ちゃん。

なぜ○○駅?と思い、聞くと
今3人でそこにいるから、と。

○○駅は自宅から電車で30分ほどのところ。

あ~、お休みだったから電車に乗ってお出かけしたのね、
と、○○駅まで母は車で行き「ついたよー」と電話。

3人と合流して、「電車で来たんだね」と言うと

「ううん、自転車で」





はい?






えーと、今なんと?






「だから自転車で」




うそでしょー!?
父ちゃん二人乗っけて?





「いや、こたは自分でこいで来た」
よいしょ!




ぎゃーーーーーーーーー!!!!





なんという人達だ。

どうしてこんなに驚くかと言うと
自宅から○○駅に来るのに

山一つ超えるんです。

いや、そんなに険しい山道じゃないんだけど。
でも、山。

距離にして15キロ。そして山。

大人でも仕事で強要とかされない限り
絶対イヤです。


うちから車で15分くらいにできた温泉に3人で行ったんだそうな。


おんせんにきたよー


ていうか、それすらもすごいし。
そこでごはん食べて、お昼寝したそうです。
デザートにはこんなものも。

きたなすぎ・・・


っていうか、アンタそのお口はないでしょう。



充電完了なので
かあちゃんお迎えに行ってみるか!と
山越えをしてきたそうな・・・・。




「こたは頑張ったよ~。泣き言一回も言わなかったよ」

と父ちゃん。

そうでしょうそうでしょう。
すごいねえ、すばらしい!世界一!とホメまくりでした。


父ちゃんって、怖いもの知らずと言うか、
母は到底やらせないようなことを平気でやらせて。
こたもどんどんいろんなことができるようになって。

補助なしへの挑戦も、お風呂で頭からざぶんざぶんかぶるのも
暗いトイレに一人で行く練習も
みんな父ちゃんができるようにさせたものです。
スゴイ。いや、ほんとに。

うーん、男の子の父ってこうあるべきなんでしょうな。

こたにも父ちゃんにもびっくりの一日でした。


さて、この日一番ラクしていたのは誰でしょう?





正解は・・・・・



どなた?


えーと、この人だれ?


こたの好きな遊び、それは


「紙を切ったり折ったりして身につける」




どんなにいいおもちゃを買おうとも
ただの紙とただのセロテープにはかなわない。

まーじーで、大好きです。

保育園のロッカーにはなんだかよくわからない「作品」らしきものが
毎日出るわ出るわ。

紙を4つ折り位にして、なにか四角いものがかいてあるのが
ロッカーに入ってたので聞いてみました。


「こた、これなに?」


「これ?」




「これはねえ」










「でぃーえす」





そのとき作ったのがこれだっ。
じゃがじゃん。
でぃーえす




ニンテンドーDSですよ。
どこからどー見ても。


そもそもこたちゃん、アナタDSって何かご存知?


保育園のおにーさま達に教えてもらったんでしょう。
紙のDS・・・かーちゃんちょっぴり切ないよ・・・。
買ってあげる気なんてさらっさらないですけど。






紙の作品第2弾。

「ライダーパス」




こちらっ。
今度はパスだ!





・・・いいでしょう。
何枚も何枚も紙を折って重ねてセロテープ。
じつにいい。
重さといい、サイズといい
仮面ライダー電王ライダーパスだよ!





まだまだ続く紙作品。






今度はピンクの紙で!


「ライダーベルト」


20070714000249.jpg





ボタンが4種類もあるんだ!
サイズ配分を間違えてボタンが描ききれなくなって
困って大泣きしたことは内緒です。




ベルトをつけてお散歩だぜ!


GO!GO!


GO!GO!


でも方向を間違えると

よいしょ。



一度降りて方向転換。

がんばれ仮面ライダー!

どんだけ紙作品増やしたら気が済むのでしょう。
安上がりで助かりますが。






こないだ、さくらんぼを食べたとき。

食べ終えた器(ガラス)にお茶をくんで飲みたいというこた。

自分でおもむろにつぎ、



「かあちゃん、これねえ」











これね・・・


「うまの汁。」





・・・・・・・ええええ~(-_-;)
やだなーそのネーミング・・・・



そしてそれを


ごくごく


飲むんだ・・・・。

ごめん、おいしそうって言ってあげられない・・・(T_T)



ヘンなネーミングに関してはまったくかないません。
みなさんも暑い夏にはぐぐっと!うまの汁!






最近、もんのすごい激務で
こたやおーすけとのんびりできない・・・。

そのせいか、こたがあれまくり。

週末の台風と一緒にぐずぐずも飛んでいけー!
こないだ。
こたに
「かあちゃん、仮面ライダーのベルトつくって
と言われましたよ。

こたが広告を手に持って言うので
それを使って作ることに。

なんとなーく細長く折って、なんとなーく前にかっこいいものをつけて
と、思っていたら、あら。
なんだか前についてるもの、魚籠(びく)みたいです。
ほら、ごんぎつねで、ごんが中から魚を盗んじゃうアレ。

こたも腰につけてかっこつけては見たものの。
20070605232930.jpg



うーん、やっぱりこれちがうな。

20070605233216.jpg


知らん振りしてみていると
おもむろに魚(前に紙で作ったやつ)たちを取り出し、
DVC10004.jpg

広告の上に並べ、さかなつりを始めました。



うーん、血は争えない・・・。
考えてることが同じでびっくりだよ。


さかなつり、釣竿(広告を丸めたやつ)の先に
セロテープをつけて、ぺたっとくっつけて釣るそうです。



やりたいけど貸してくれと言い出せないおーちけ。

20070605234036.jpg

いーなあ・・・。





20070605234244.jpg

釣れた魚は魚籠にしまってっと。


腰をかがめるとベルトが取れちゃいそうなので
なんとも腰が引けてる感じがたまらんです。

おーちけは途中、我慢できなくなってこともあろうか
釣竿をこたから奪い取ろうとし
怒りの鉄拳を食らってました。ちーん。



慌てて作ったもう一本の釣竿をあげるとにっこにこ。



セロテープが付いてないのに気づかず、
あれ?あれ?とにこにこしながら釣れない釣りを楽しんでました。
だってこたが
「おーちけのにはえさつけないで」というんですもの。
ちょっぴり知恵がある4歳児。


ま、今回知ったこと。

どんだけ広告好きなんじゃい。


こんな息子で助かります。



母ちゃんが作った釣竿、0円。
こたが作った釣堀、0円

自分であみ出した遊び、プライスレス。


かっこいいけど安上がりー。


そんなボク、焼きそばパンはお箸で食べます。
20070606000227.jpg



わがままな弟は放っておくに限ります。
F1000015.jpg




F1000043.jpg

デキル男目指して修行中!
2007.05.26 二人の誕生日
・・・・お久しぶりです。(小声)
えーと、20日ぶりです。(小声)



GW後半の話題を書くなんて言っておきながら
(だから言わなきゃいいのに、と20日前の自分に言ってやりたい)
こんなとこまで来ちゃったので、
ま、いいか、時効にしてしまおう。
GWはおーちけはこんな感じで遊んでました。
友達のユキちゃん宅にて。

DVC10041.jpg


20070528010932.jpg

わんわん。




2kdことニッカが自身のブログで
こたをコケにいや、ネタにしてくれてます。
おかげさまで、2kdブログからたくさんの方が見に来てくれてる!
嬉しいなあ。ありがとうございまーす。

2kdブログは面白いですよお。
私と違って毎日更新だし(自虐ネタ)。

こたのこんな姿まで書いちゃってくれやがって。
http://ameblo.jp/2kd/entry-10025479065.html

おかげさまで、母の知らないとこで有名人です。


さてさて、大きなお知らせがっ。
ぱんぱかぴーん!

ちょびっと前ですが
こた&母ちゃん

お誕生日でーす。


なんと親子で同じ日なんでーす。
その確立365分の1!ちょっと自慢。

おめでとう!私たち!


こたはめでたく4歳になっちゃったよ。

お誕生日プレゼントは何がいい?ってずーっと聞いてたんですが
いつも同じ答え。

「げれんじゃーのおててにはめるやつ」


これです。

BANDAI「ゲキチェンジャー」
!!
20070609002432.jpg

じゃじゃん。



いそいそとプレゼント買いに行きました。
おもちゃ買うの、久しぶりー。
なぜならこたはほんっとに、おもちゃに執着の無い子で。
多分家にあるおもちゃを全部処分しても
ふろしきや、鉛筆や紙や、なんかのカップや、セロテープなんかで
ずーっと遊ぶんじゃないかこの人ってくらい。

それはいいことばかりではなく
おもちゃを買ってあげても大事にしないんです。
その辺にほったらかし。

で、今回も父ちゃんと何回も会議して

「こたがハマりにハマってるゲキレンジャーである」

「おもちゃだけどこたが大好きな身につける装飾品に近い」

「何度聞いても答えがいつも同じ」



以上3点を踏まえて、
「今回は大切に長く使えるのでは」
という希望的観測の元、購入に踏み切った次第であります。




それからケーキの希望も聞いてみました。



「仮面ライダーのちょこれーとのやつ!
上にちょこがついてるのね!」


とのリクエスト。
ネットであれこれ調べてみたんだけど
うーん、お値段はいいのに、見た目はいいのに
ぜんっぜんおいしそうじゃない。
くいしんぼんの母としては納得いかん!ということで
手っ取り早く作ることにしちゃいました。


問題は、どうやって仮面ライダーにするか・・・。
デコレーションで描いて・・・とか考えたんだけど
シロートにパイピングなんてムリムリ。

どうしようかなあと思いながらデパートをうろうろしていた母。
そのとき目に飛び込んできたのはなんと

ガチャガチャです。


高さ5cmほどの仮面ライダーフィギアが入ってるじゃないか!
これをケーキの上に飾れば
仮面ライダーケーキだー!


・・・・だがしかし。
その中には他にも10種類ほどのキャラクターが・・・。
中には怪獣らしきものまでいるし。
うーん・・・違うのばっかりずーっと出てきたら悲惨だなあ。
迷うこと30秒。



手の中の2つの100円玉に祈りを込めて

がちゃがちゃがちゃ!

ごろん。


おおこれはまさに・・・

DVC10018.jpg


一発で「仮面ライダー電王モモタロス」だ!
DVC10017.jpg

「オレ、参上!」





やったあああああ!やったよ!

自分の運の良さに乾杯だ!
母は自慢ですが、むかしっから運だけは良かった。
こんなとこで実力発揮できるとは。


ガチャガチャの前でカプセルを握り締め
にやにやする危ない女。

怪しまれる前に何事も無かったように
その場を離れました。




そしてできたケーキがこれだ!
なんだかぼんやりしてるので目を細めて見てください。



20070528004951.jpg


もう、誰がなんと言おうと
「電王チョコレートケーキ」。
どうだ、こたよ。参ったか。


プレゼントをあげる瞬間を
ぜひぜひ写真におさめたかったのですが
「いや、生で見て楽しもう」という
父ちゃんの提案により
記録より記憶で楽しむことにしました。


もう、喜んだのなんのって!
プレゼントもケーキも登場させるたんびに
「うっひゃああああああっっ!」
「おおおおおおおっっ!!!」

テンションの高い子どもは
こういうとき楽しくていいです。



うひょー!
20070528014911.jpg

だいたいこんな感じでした。



誕生日の日はだっこして
ハッピーバースデイを唄いながら寝かしつけます。
にこにこしながら
「もっかいうたってー」と何度も何度もせがむこた。
いろいろあったけど
ここまで元気に大きくなってくれてありがとう。
こどもらしく素直でやんちゃなこたが大好きだよー。
今年もまたいい一年にしようね。

この場を借りて
FAXをくれたけいじーじ&なーこばばちゃん・けんたファミリー
メールをくれたたくさんのみなさーん、
どうもありがとうございましたー!!
先日、こたのはとこたちがはるばる山形からやってきました。
「どっかおもしいとこさつえてってけえの
(どこか面白いところに連れて行って頂戴)」
と、標準語とネイティブ庄内弁、自由自在の
おばあちゃんに頼まれ
近所の よみよみらんど(こた風)に行きました。

メンバー構成。
ゆうちゃん(6歳)
ごうくん(4歳)
こた(3歳)
おーちけ(1歳)

そしてゆうちゃんごうくんの両親&祖父母
こた父・こた母

大所帯ですな。


こどもたちはキッズライドパスを買ってもらってご機嫌。
さっそく「わんわんじぇすとこーすたー(こた風)」へ。
こども用のこのジェットコースター、
ほどよいスピードとスリルが楽しめ
しかも坂を上るとき、横からシャボン玉が出てきたり
コースを2周してくれたり。
3歳でも乗れちゃうのでこたはだーい好きです。


おーちけはさすがに無理なので
柵の外から「ばっばい!ばっばい!ばっばい!」と
そりゃあもう必死に手を振ってました。



メリーゴーランド・クラシックカー・アシカショー・
ちびっこ機関車・観覧車・・・何にのっても
「おおおーーい!!」とにっこにこで手を振る子どもたち。
DVC00035.jpg




がらがらの園内(春休みも終わった平日だったので)で
「ドラゴンコースター」なんて
私たちのためだけに動かしてくれたようなもんでした。
しかも5回も。



このコースターはなんと4週もするんですが
一周ごとに律儀にみんな手を振ります。
見てるほうが手を振るのを忘れるわ。


で、こたはここの遊園地に、
ものすっごく怖いとこがあります。
それはこちら。
じゃじゃん。





DVC00030.jpg


そばを通ると世にも恐ろしい声で

「いらっしゃませ~」

と言うんです。
それがもう怖くて怖くて。


先月、父ちゃんの元職場のキャンプリーダーたちと行ったとき
こたがここを怖がってるのを知ってて
みんなでいたずらしました。


うまいこといってこたを肩車し
すーっと「恐怖の館」の方へ。




う、




うぎゃああああああ!!!!

20070411232805.jpg







見よ!

この泣き叫ぶ3歳児と

悪魔のような表情の男を!

20070411233337.jpg

※父ちゃんではありません。
よいこの味方(の、はず)キャンプリーダーのオニイチャンです。



みんなで大爆笑で見ていたので
「母ちゃんも共犯だ」と父ちゃんに言われました。




その夜、こたを寝かしつけている時言われました。

「かあちゃんもさ、今日みたいなこと、もうやめてねっ。
こた、おばけやしきこわいっていわなかった?」



ええ、思いっきり真顔で。



説教されました。
ごめんなさいってあやまったさ。
あやまるしかないじゃないか!




そんな出来事がフラッシュバック。



今回はなんと「恐怖の館」が
怖くて見られない。
腕で顔を隠しながら
できる範囲めいいっぱい「恐怖の館」から離れて歩きます




父ちゃんが「手をつなごう」と言ったら
「やだーっっっ!」

この人と手をつないだらずるずる連れていかれる!
と本能が叫んでいたのでしょう。
父、全く信用されていません。

手を後ろに隠して固い意志の表れ。

母ちゃんともつないでくれませんでした。
私たち、まったく信用がない親です。



完全にトラウマこぞうです。

ああ、でもいっぺん入れてみたい。
むくむくとわきあがる母ちゃんの好奇心。
ほんとにやったら鬼親なのでやりませんけど。
(父ちゃんはやりかねないので要注意)


こたがおばけやしきを克服できるその日まで
温かく見守ってやってください。







一押しでぐぐっとランクがあがるんですー。
応援ワンクリックおねがいしまーす。



2007.04.09 春ですね
出会いと別れの春です。

こたにも別れが訪れました。


大好きな大好きなA先生。


「来年はこたかおーちけ、どっちかA先生のクラスだといいねえ」
なんてのんきに語り合っていた父と母でしたが
この3月で退職なさることになりました。

ショック・・・・。
初めて知った時は頭をがーんと打たれたような衝撃でした。
そんなー(涙)
卒園するまでずっとずっと
見てもらえると思ってたのに。



べったり甘えたい1歳クラスの時期を
本当に愛情たっぷりに見ていただいて
こたは先生が大大大好きでした。
子どもたちと接する時、
先生が一番楽しそうで(失礼)
そんな笑顔で子どもたちを見られちゃあ
こっちまで嬉しくなっちゃうなあと思いながら
園にこたを置いてきたものでした。


2歳児クラスになって担任ではなくなったけど
いつもいつも気にかけてくださって
朝、玄関で泣くこたを受け止めてもらったことも。
A先生は親子ともども心の支えでした。




こたはA先生に会えなくなる、ということが
あまりわかっていないのか
「どうしてもう会えないの?
ほいくえんにいけばいるんだよー」

と言っています。
同級生のしおしおは
A先生に会えなくなるのが淋しくてシクシク泣いたとか。
うんうん、わかるよしおしお~(T_T)


お別れと知って、A先生に何か感謝の気持ちを表したいのだけど
だれか一緒にどうですかー、と呼びかけたところ
「うちも」「私も」「一緒に入れて」と、ほぼクラス全員からお返事が。
先生の人徳ですね。
子どもたちに「A先生の似顔絵」を書いてもらい
色紙に貼ってプレゼントしました。

20070409124957.jpg




中身はこんな感じ。(まだ全員分貼れてないとき)
DVC00052.jpg




後日、園に訪れた先生から
なんと送った全員に心のこもったお手紙が。
こたには
「全身いっぱいで気持ちを表現し、
素直であまえんぼで先生の思う『子どもそのもの』」

という、親には涙が出るくらい嬉しい言葉をもらいました。
うちはこんな風に子育てしたい、と思っていたのを
先生はちゃんとわかってくれてたんだなあ・・・と
父ちゃんと感激しました。



先週は体調を崩して1日しか登園してないこた。
今日久しぶりに行ったら、なかなかみんなの遊びに
入っていけませんでした。
「かあちゃん・・・だっこぉ・・・」
と、母からぐじゅぐじゅ離れられず。



近くでそれを見ていた新人の先生は
なかなか声をかけてくれず(かけて欲しかったなあ)
園庭の端から、様子を見ていた他のクラスのM先生が
これまたぐずって大泣きの子を小脇にかかえ
来てくれました。
こたの様子を伝えると
さっと状況を読んでくれて、
「みーちゃん、こたも仲間に入れて?」
こたの愛しのみーちゃんのもとに。
おかげでやっとにっこりバイバイができたのでした。

M先生のおかげでなんとか遊べたこたでしたが
こたが離れられないとき
「ああ。こんなときA先生がいたらなあ」
ついつい思ってしまう未練がましい母なのでした。
きっとこたも同じでしょうな。




元気で楽しませ上手で、ちょっとおっちょこちょいで
(仲良しのT先生(男性保育士)には「ド天然」と言われてた)
聞き上手で涙もろくて、情に厚いA先生。


直接会える機会は少なくなってしまったけど
こたや元ぺんぎん組のみんなが大きくなるまで
遠い空の下、見守っていてくださいね。







くわえて淋しいことに、
「ド天然」発言のT先生も
この3月で退職なのです・・・。

T先生は父ちゃんと同類のプロレス狂で(失礼)
こたとの朝の挨拶は「こたラリアット」「Tラリアット」でした。



こたが後ろを見せるとすかさず技をかける先生。
T先生が向こうを向いていると嬉々として向かっていくこた。


この二人の愛情表現は
凡人にはわからない世界です。
(父ちゃんにはわかるらしい)

T先生は

「お母さん、こたが中学卒業したら
ボクとお父さんで
こたを立派なプロレスラーにしますから!」


といつも言っていました。




そんなT先生とのお別れ。
二人のお別れはやっぱりこれです。





腕ひしぎ十字固め。

DVC00042.jpg


きみたちも好きだねえ・・・。







A先生、T先生、
たくさんの愛情をありがとうございました!











一押しでぐぐっとランクがあがるんですー。
応援ワンクリックおねがいしまーす。



昨日のこと。
こたが突然、

「かあちゃん、おとなのおはなししない?」

と持ちかけてきた。
ものすっごい期待に満ち満ちた目で。



なんですかそのお誘い。(-_-;)



ブログネタになりそうなので
とりあえずのってみた。


「じゃあさ、最近の為替の動きについてどう思う?」



「あ?それね?

かわせはきょうくうなんだよ~。

てんまはやっぱりいけないんだけどねえ。」




とりあえず大人的な要素を含んだ声色で切り替えしてきた。

おぬし、なかなかやるな。





では次。



「今度の市議会議員選はもう決めてる?」




「あー。そうそう。でんちがきれちゃったからねえ。

こたよるしるないんだよ。」




全く苦しそうなそぶりを見せずに切り返すあたり
そこら辺の中学生より会話が成り立っている(ように見える)。



「じゃさ、住宅ローンの金利について・・・」

「あのさあ、もうこどものはなしにしない?こた、くたくただよ。
でんおー(仮面ライダー)のはなしとかさ。いいよね?」





3歳児にたしなめられる母。
悔しいです。




最近こたは「あいうえお」が言える様になった。


「こたねえ、おべんきょうしてるんだよ。
『あいうえお』とか。」



へええ!すごいじゃーん。



「もっと言えるよ。

『かちくけこ』

『なにすせそ』

『はひむねも』

ね?」




「・・・・それだれに教わったの?」




「んもおおお!なんでかあちゃんはそういうこというの?
かあちゃんにおそわったんでしょ?か・あ・ちゃん!」


失礼いたしました。
教育方法が間違っていたもようです。
でも、じつは、あんまりどうでもいいや。
おもしろいから。





こんな話をしながらも
「こたがおおちくならしてください」
と言いながら空気清浄機(たぶんお賽銭箱)にむかって
ビーだま(たぶん五円玉)を投げてお参りしてたり

resize0020.jpg





「ほらー、やちいもやさんがきてくれたよー」と、
言いながらこんなことしてたり。
(棒の先についてるのはビニール袋)

>resize0017.jpg




まだまだ日本語(カ行は特に)があやしいこたなのでした。





一押しでぐぐっとランクがあがるんですー。
応援ワンクリックおねがいしまーす。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。