上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わりました・・・こたの最後の運動会。

天気がずっとあいまいで、天気予報がちょっとずつずれていって
これはもしかして晴れるかも!と期待しまくりの前日。

仲のいい親同士でメールが飛び交います。

「お願い!晴れて!」
「今、特大てるてるぼうず作ったよ!みんなもはやく!」
「うちもつくったー」

当日の朝。
外見て「うそでしょ」って言いたくなるくらいのさわやかな秋晴れ。

一人のパパがメールをくれました。
「すごい天気!母たちの祈りは偉大だ」

一人で空を見上げ、お弁当を作りながらないてしまった母でした(早いよ)。


こたも「よおし!こたがんばるからねっ」と張りきりまくり。
意気揚々と会場に到着です。



無事に始まり、幼児の競技の鈴割を見ていると、
にわかに雲行きが怪しくなってぽつぽつと雨が。

がーん・・なんなのこの雨!?


雨が降ると体育館の中に移動しないといけないんです。

そうなると何が困るかというと、年長児の「竹馬」が見られない・・・。

毎年年長さんは運動会に向けて獅子舞とともに竹馬を練習します。
体育館だと滑って危険なので、竹馬はカットになってしまう。
昨年の年長さんがそうでした。

やっと年長さんなのに!と思ってどきどきしていると
園長先生のアナウンス。

「雨が降ってきてしまい、乳児さんの種目ができませんので体育館に移動しますが
くじらぐみの竹馬はたくさん練習してきたのでぜひやらせたいと思います。
保護者のみなさん、ご協力ください。」

園長先生~

会場からも大きな拍手。
みんな気持ちは一緒でした。

30人が一人一台ずつ竹馬を肩に背負い、立てひざの体勢から
一気にザッと立ち上がる姿、鳥肌が立ちました。
雨が強くなる中、こどもたちはずぶぬれになりながら
元気に竹馬を披露したのでした。

こたは・・・じつはそんなに上手じゃなかった。
でも、大真面目な顔して、落ちても落ちてもゴールを目指す姿に
かあちゃん大感動でした。
ずるしたりあきらめたりする子は一人もおらず
みんなが黙々とゴールを目指してとことこ。

足の親指と人差し指で竹を挟んで乗るので
「がんばりまめ」ができるんだ、とこたが話してました。

みんなえらい!ほんとにすごい!
親たちはみんな涙をぬぐい、鼻をすすりながら応援していたのでした。


さて、体育館に移動してからのことはまた後日~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kotasuke.blog69.fc2.com/tb.php/132-d19613d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。